2009年 04月 24日
迷宮の ゆず
f0079967_2233146.jpgうろうろうろうろ。
夜ごはん後の「ゆず」は落ち着きがありません。
キッチンにいると、『なんかちょーだい』と鳴きながら寄ってきます。
『ゆず、ごまかそうとしてもダメです。
きょうはいっぱいたべたよ。わすれちゃったの?』

そしてまた、うろうろうろうろ。(笑)
流しに何度も飛び乗ったりして絶対に引き下がらない日もあります。
そんな時は、ホントに足りないのでしょう。ミャウミャウ追加です。
足下でちょろついていて、うっかり踏んでしまいそうだったので
抱き上げてキャットタワーに乗せようとしたら
わたしの腕に両後ろ足を残したまま、
前足だけを使ってポールで爪研ぎし始めました。
宙ぶらりんです。『ゆず、のるならのってくれよ。』
最後はわたしの肩を思い切り蹴飛ばしてタワーに飛び乗った「ゆず」。
猫の蹴るチカラってスゴいので、さすがのお父さんもちょっとよろけてしまいました。
どうやら落ち着いて、今度は眠くなっちゃったようです。
やれやれ。
[PR]

by maru-tonpi | 2009-04-24 22:33 | ゆ ず | Comments(0)


<< アイドルであり続けることとは      おじぃ と わんこ >>