2015年 08月 19日
見えないんですけど
f0079967_20423279.jpgこの角度からだと、
ほぼ黒猫に見える「もも」。
「ゆず」のごはんを食べているところです。

お尻が手前。頭が向こう側にあります。

まるで、おはぎみたいですね。

春 牡丹餅(ぼたもち)
夏 夜船(よふね)
秋 御萩(おはぎ)
冬 北窓(きたまど)

季節で呼び名が変わるところが、
なんとも日本ならではの風情を感じます。

それはいいとして、
こんなに大きい猫が目の前にいますと
テレビが見えないわけです。
特に面白い番組もありませんので
見えなくても良いのですが・・・。


あの異常なまでの暑さは
少しだけ落ち着いてきたようですね。
今朝は、暑さで目が覚めることがありませんでした。

その代わり、この坊ちゃんが起こしに来ましたよ。
ンガァ ンガァ 鳴きながら、
約6kgの体重でベッドに飛び乗って来ますので
必然的に起きます。(笑)
[PR]

by maru-tonpi | 2015-08-19 20:58 | も も | Comments(8)
Commented by chigusano at 2015-08-19 23:50
まぁ! まるで ミロが目の前に居るようです♪
といっても ももちゃんのほうが ずいぶん体格いいですよ。
ずっしりと 男の子ぽいな~♡
ベットに飛び乗りの 〈目覚まし〉は 強烈ですね^^。
でも怒れないのが ももちゃんの特権だわ~^^♡
これが 人間の仕業だと怒り心頭ですよね。
Commented by maru-tonpi at 2015-08-20 00:15
chigusanoさんへ
ミロちゃんの倍くらいはありますかね。(笑)
抱えるのも、「ゆず」は片手でヒョイ ですが
「もも」は両手でないと無理です。

猫に起こされるのは、有り難いな って感じます。
ただ、おなかに飛び乗ってこられると
かなりビックリですよ。
Commented by kumi_frisco at 2015-08-20 07:27
ももちゃん、これだけ大きいと存在感がありますね〜。
友達が飼っていたオス猫も大きくて、「猫ってこんなに大きいっけ?」と思ったことがありますが、きっとももちゃんもそんな感じだろうと思います。
6キロ猫のジャンプ、一度味わってみたい気もしますよ(笑)
Commented by maru-tonpi at 2015-08-20 07:46
kumi_friscoさんへ
「ゆず」がちっちゃいこともありますが
「もも」かなり大きいです。骨格がしっかりしていて
ちょっと小さい柴犬 といった感じですよ。

6kgジャンプはけっこうな衝撃ですよ。(笑)
Commented by しんごのママ at 2015-08-20 13:04 x
迫力の後姿ですね(笑)
ゆずちゃんはちゃんとご飯を食べていますか?
ももちゃんは残りをいただいているのかな?
なんか・・ももちゃんを見ているとお萩が食べたくなっちゃいますね(笑)
今日はエアコンなしで一日暮らせそうです。
しんごもアメリもうれしそうに家のあちこちでのんびりしていますよ。
今頃ゆず・ももちゃんも涼しくて喜んでいるかな?
ももちゃん、起こしに来るんですね。
6キロでは重いですよね・・・
しんごも5キロ台なので、ももちゃんはしんごくらいの大きさかな?
しんごも寝ているときに乗ってくるとすごい衝撃です・・・
でも飛び乗るまではないかな。ずしー・・・と体重をかけてきますね。
絶対起きますよ。辛いです・・・・
Commented by nanacoba-ba at 2015-08-20 15:04
わ~~~~すごい迫力 ももちゃんのおちり<笑>
6キロもあると 重いですね。
これで ジャンプされると嫌でも目が覚めますね! 
Commented by maru-tonpi at 2015-08-20 20:38
しんごのママさんへ
2月に比べ、毛艶がかなり良いです。
黒くて、ピカピカで、シャチみたいですよ。
「ゆず」はいつもダラダラ食べるので
その食べ残しを片付けに「もも」がやってくるのです。
お皿が空っぽだと、「ゆず」は『ないよ』って言いに来ます。

涼しい一日でしたね。これくらいだと、だいぶ楽です。
人間も動物も、今年の夏は厳しかったですよね。

しんごちゃんは5kg台なんですね。
おそらく同じくらいなのだと思います。

何度かベッドで寝ているおなかにドン!と来られました。
けっこう苦しいです。
Commented by maru-tonpi at 2015-08-20 20:41
あやさんへ
2月の時点では、5.75kgでしたが
明らかに増えていると思います。
抱えた感じが6kg越えている気がしますね。
なので、ドスンと乗られると怖いですよ。
無意識に横向きで寝ることが増えました。


<< 長時間留守番に挑戦      おとうさんのねどこ >>