2017年 02月 26日
にじり寄る子分な猫
f0079967_10110878.jpg
現在、facebookへの投稿とメッセージが不可となっていて
この記事をリンクすることもできない状態です。
コメントのやりとりと、「いいね」は大丈夫なようです。
ついこの前まで、上手くできていたのですけどね。
何がいけないのでしょう。

まあ、それはいいとして
夜9時の、うちの猫たちです。

巨大なひつじクッションを床に置き、毛布を掛けたら
また猫たちが集まってきました。

「もも」がいるところに「ゆず」がやって来る
という構図はいつもと一緒ですね。

いつまでたっても 子分キャラです。

逆のケースはまずあり得ません。
「ゆず」のいるところに、「もも」が来ることはないですね。

後から来た「ゆず」は、
なぜかプチイカ耳で
目が三角になっています。
一方、「もも」は ガッツリと熟睡。

夜中の活動に備えます。

『ゆずもねておかないとね。』

[PR]

by maru-tonpi | 2017-02-26 10:30 | ゆ ず と も も | Comments(2)
Commented by しんごのママ at 2017-02-26 16:52 x
子分キャラには笑っちゃいました。
ゆずちゃんは誰かに頼って暖かくするのが好きなのでしょうね。
年下とは言え、ももちゃんはとにかく大きいし、強そうだし
暖かそうだし・・ひっついていくのは必然なのでしょうね。
アメリと真逆の性格で本当に面白いです。
アメリは一人で寒いところにいるのもかなり好きだし、
いつもなぜか兄ちゃんに対抗意識まるだしです。
でもいつのまにか一緒に寝ているのもみると、やっぱり
つっぱっているのかなあ・と思う次第です。
Commented by maru-tonpi at 2017-02-26 17:57
しんごのママさんへ
「もも」の行くところ行くところ
トコトコと「ゆず」はついて行きますよ。(笑)
アメリちゃんは違うのですね。
皆、それぞれ性格や行動が違って面白いです。
でも、いつの間にか一緒に寝ているんですね。
その辺がまた、可愛らしいです。


<< 私はネコになりたい      猫がいる窓辺の風景 >>