2017年 05月 13日
錆の次はダメージ感

f0079967_17450443.jpg先週、ひたすら叩いて色を入れた
スイッチコネクションのファサードです。

今日は、さらに厚みを持たせるべく
地金が浮き出たような演出をしました。

前回は、面を埋めるための下地になりますので
ひたすら叩くやり方ではこの感じを出せません。
全部が銀色になってしまいますからね。(笑)

偶然できたダメージ感を
計算しながら出していきます。

乗せるところ 乗せないところの
メリハリが大事になってきます。

使用するのは、パレットナイフ。

絵画を描くように、大胆にガサッと擦り付けます。

多少多めについても大丈夫です。
下の色で塗り戻せばよいだけ。

ガラス面の養生があるので、全貌が見えませんが
また後日 アップさせていただきます。

タイル面へのロゴ入れは
今回は見送りとなりました。

楽しい時間をありがとうございました。
f0079967_07203857.jpg




そして、トイレのサインも描かせていただきました。

こちらは、オーナーの奥様からのご依頼で

この字でお願いします と出力データをいただき
その通りに描いています。

アンティークドアと書体がマッチしていますね。

引きで撮ると、文字が見えないため
また後日、ドアもアップしたいと思います。


ショップ&オフィス。
完成まで、あと少しのところまできています。

[PR]

by maru-tonpi | 2017-05-13 17:57 | 描きもの | Comments(2)
Commented by しんごのママ at 2017-05-14 19:39 x
すごいですね・・・
まるさん、楽しそうだなあ!
ダメージ感をだすのって、どうやるのか全然想像も
つかなかったけれど、こうやるのかあ・・と
少しつかめました。

トイレの文字入れもとてもいい感じにできていますね。
全体の完成をぜひ見たいと思います。
Commented by maru-tonpi at 2017-05-14 20:03
しんごのママさんへ
かなり楽しかったです。
色を重ねた分だけ、複雑になりますので
あとは、下の色をどこまで活かすか ですね。
なので、新品も古く見せることができるんですよ。

トイレの文字を描いている時、
ちょっと熱が出ていたと思いますが
描いている瞬間のことがちょっと記憶にないです。
でも、きれいに描けたと思います。


<< 居場所は沢山あれど      今までで一番広い錆 >>