2008年 08月 16日
ネコの食欲と領域境界線の関連性
f0079967_11293242.jpg
タテに並んで、黙々とごはんタイムです。
こんな風に自分のごはんをおとなしく食べているのは最初だけ。
「まる」は自分のさかな缶が無くなると
「ゆず」のを貰いに行きます。
「ゆず」もあっさり譲り、(まるの丸い頭に押し出される感じですが)
隣で「まる」が食べるのをじ〜っと見ているんですよ。(笑)
怒ったりしないのです。
「まる」がなかなかどかないので、「まる」の皿に向かい
ポリポリ食べ始めます。
こうやって、なんとなくチェンジするのです。
自分のものという認識は、お互いに全く無いようで
ふたつの皿を行ったり来たりしています。
今日は珍しくキレイに平らげました。
皿は洗ったようにピカピカです。

食べてくれると安心しますね。 今日も、まるゆず元気です。
※タイトルと本文は、さほど関係ありません
[PR]

by maru-tonpi | 2008-08-16 11:40 | ま る と ゆ ず | Comments(0)


<< アルミの熱伝導率と大理石でこね...      激走と休息の日々 >>