2008年 09月 15日
エドワード・ホッパーのように
f0079967_2253026.jpgわたしの好きな画家のひとりに、エドワード・ホッパーという人がいます。
光と影のコントラストを描いた画家です。
今回の「ゆず」は、
そんな感じに写りました。
やや逆光で撮れただけなんですけどね。
こんな構図が好きです。
他にも好きな画家は沢山いまして
パブロ・ピカソ、サルバドール・ダリ、ジョルジュ・デ・キリコ、
あげたら切りがありません。
因みに印象派や日本の画家の絵は対象外ですね。
ビビッと来ないのです。
絵そのものが持つパワーや、思いの丈みたいなものが
伝わってこないと興味が湧いてきません。
皆それぞれ素晴らしい作品のはずなんですが・・・
食べ物の好き嫌いと同じ感じでしょうか。

f0079967_2324054.jpg
最近全くと言っていい程、絵を見ていませんでした。
パワーが強過ぎてあまり見ると頭から離れず、
影響を受けすぎてしまう恐れがあります。
でも、たまには見に行ってインスパイアされないと
パッションも薄れてしまいますね。

いつか自分も、エドワード・ホッパーのように
沢山の何かを残せたらいいなぁ って思います。
[PR]

by maru-tonpi | 2008-09-15 23:04 | ゆ ず | Comments(4)
Commented by wampp at 2008-09-15 23:23
サルバトーレ・ダリは初めて見た時は「こぉぉぉんな絵もアリなんだ!?」と思う程凄いパワーを感じました。
完全に常識を無視した、ダリの世界観ですよね。

絵は詳しくはないのですが、何かのきっかけで知った画家展に気が向いた時に行ったりします。

でも一番最近いったのはフェルメールだったか……?「フランダースの犬」に出てくる名前の画家だったか?

5年くらい絵画は見てません。
Commented by maru-tonpi at 2008-09-15 23:31
wamppさんへ
わたしも、中学生の時に新宿伊勢丹に来たダリ展で打ちのめされました。
これ、絵なんだ!?(笑)
わたしも、とりわけ詳しいわけではありません。
好き嫌いもあるので、知らない画家もたくさんいます。

ヨハネス・フェルメールですね。
この人の使う「青」は、フェルメールブルーなんて呼ばれています。
ラピスラズリという鉱石からとれる「青」なんですよ。
貴重な絵の具です。きっとすごく高いものだったと思いますよ。
Commented by hid_nyan at 2008-09-16 22:43
1942年なのか。とてもモダンな感じの絵ですね。
おれもコントラストの強い絵が好きなので、良いです、これ。
Commented by maru-tonpi at 2008-09-17 20:15
hid_nyanさんへ
ホッパーは1967年没です。
今見ても、スタイリッシュな絵が沢山あるんですよ。


<< 部屋の模様替えに伴うネコたちの居場所      押してダメなら引いたゆず >>