カテゴリ:つくりもの( 72 )

2012年 07月 26日
走って絵を描くヒト
f0079967_1164267.jpg
昨日の朝、めざましテレビに登場した、
RUN Like MEというプロジェクトで、
走った軌跡で絵を描いているジョセフさん。

この格好で、あちこち走っているらしいですよ。

なぜこの画像をアップしたかというと、
頭と腰に付けているかざぐるまのカラーリングと
真ん中の飾りのてんとう虫のデザインを担当したからです。

偶然でビックリしましたが、
ジョセフさんに選んでいただいて嬉しいです。

暑いので気をつけて走ってください。
応援しています。
[PR]

by maru-tonpi | 2012-07-26 11:13 | つくりもの | Comments(8)
2012年 01月 31日
久々の看板製作です
f0079967_20501914.jpgと言っても、自宅用です。
今日はお休みだったので、
のんびり作ることができました。

実はこの看板のちょっと奥に、
わんこの落とし物があったのです。
野良犬はいませんので、
散歩中に立ち入ったものと思われます。
例え犬の散歩中であっても、
他人の住居の敷地に入ったら不法侵入です。
しかも悪質の極み。
同じ町に、こんな非常識な人間がいるのは
ホントにガッカリですね。

まるママが『心当たりがあるかも。
白い犬を連れたおばさん。』
ということで夕方、駐車場が見える窓から
見張ることにしました。

f0079967_20504241.jpgまるで刑事の張り込みですね。
通り過ぎたのは・・・
◉宅配ピザのスクーター。◉ヤマトさん。
◉茶色の犬を連れた奥さん。◉ミネラルウォーターの配達車。
◉茶色の犬を連れた旦那さん。
◉茶色の犬と黒の犬を連れたおじいさん。

そして、◉白い垂れ耳の犬を連れた奥さん。
この方がおそらく第一容疑者です。

ちょっとドキドキしましたが
瞬きをしないよう、見えなくなるまで
しっかり見ました。

うちの前を通り過ぎる時、ピタッと立ち止まって
この看板の辺りを振り返るように見たのです。
ブロック塀の側から来たので、
普通に歩いていたら、この看板は目にとまらないはず。
どうも不自然ですね。ピンポイントでした。
『あれ?無くなってる』とでも思ったでしょうか。
もし、このままうちの敷地に立ち入るようであれば、
思い切り窓を開けて注意するつもりでしたが、
その後立ち去りました。

ちょっとは看板の効果があったでしょうか。
[PR]

by maru-tonpi | 2012-01-31 21:52 | つくりもの | Comments(16)
2011年 11月 20日
まるママ電話カバー
f0079967_23242312.jpg

先日まるママの電話が壊れ、
次に使うならスマートフォンかな ということで
iphone 4Sです。

これはもう小さいPCですね。
ドラえもんのポケットから出て来そう。
『アイフォーンフォーエス〜!』的佇まいです。

写真はピロシキではなく、そのiphone 4Sのカバーです。
本体には専用のケースらしきものを着けていますが
どうにも不安定ですよね。
うっかりテーブルに置いたのを、「まる」が落とさないとも限りません。
ネットでは、いろいろステキなカバーを見ることができますが
何千円も出すのは、なんか違うような気がして作っちゃいました。

とりあえず家にあるもので と思い、フェルトと刺繍の糸で作ってみました。

何も着けないよりは、うっかり落とした時のダメージは少ないと思います。
いずれまた、良い材料を見つけたら作り直すつもりです。
まだこの状態、完成形ではないので。

本体を包みながら、『こんなもんかな?』気分で
直接フリーでカットして縫い合わせて製作しました。
[PR]

by maru-tonpi | 2011-11-20 23:41 | つくりもの | Comments(10)
2011年 08月 21日
リースを作りました
f0079967_21325046.jpg今日は久しぶりに、二人で遊びに出掛けました。
行った先は、南町田のグランベリーモール
いろいろ見て回ったのですが、
コレと言って欲しいものも無く・・・。
まるママが、玄関のリースを替えたい ということになり
最後に寄ったFranc franc francで造花を購入。
ローズとベリーとグレープのバインです。
東京堂の商品なので安心ですね。
仕上がりも細部までしっかりしています。

家に帰ってから、組み合わせてリースを制作しました。
まず、バインを繋ぎ輪にしてから、ローズを配置。
すき間にベリーを入れてバランスをとったら
余った葉っぱなどを足して完成です。
自然な感じが出るよう、心がけました。
まあまあ良く出来たと思っています。
でもお花の先生が見たら、笑われてしまうかも。
素人なのでご容赦くださいね。

f0079967_21333737.jpg
制作中、このお二人さんは釘付けで
何度も手伝いに来ました。
特に「ゆず」は、白い花が気に入ったらしく
ず〜っと執着していました。
「まる」はお花よりもラジオペンチに興味があったらしく
前足でちょいちょい触ったり、匂いを嗅いだりしていました。

写真は、壁に掛けてあるリースを見ている二匹です。

猫は、臆病と新しいもの好きが同居していますね。

オマケ
[PR]

by maru-tonpi | 2011-08-21 21:47 | つくりもの | Comments(16)
2011年 04月 13日
マイナス30度の世界
f0079967_0181177.jpg

みなとみらいの小さな遊園地の一角にあった、氷山をイメージした外装のこの建物。

マイナス30度の世界を体感できる という、至ってシンプルなアトラクションです。
入った人の大半が、寒すぎて駆け抜けて出て来るそうです。
夏のあいだ、ちょっと人気が出たようですね。

なぜこの写真(どなたかが撮られた写真をお借りしています)をアップしたかというと
今から20年ほど前に在籍していた会社が設計を担当していたからなのです。
わたしはこの施設の外壁の色と塗り方を、結果的には指示した という形になります。

その日、突然外線電話がまわってきまして
『もしもし。Hですけど、今ヒマですか? もしヒマだったら、横浜に来ませんか?』
なんと唐突な・・・。

ヒマではなかったので、
『ヒマじゃないけど、な〜に?』と返しました。

『実は今、みなとみらいのアイスワールドの現場なんですけど、外壁の色が決められないんですよ。
今これから塗らないと、工期がずれ込んじゃうんですよ。電話でもいいので教えてもらえませんか?』

『アイスワールド・・・? 外壁の色・・・?』

???の連続だったのですが、話を聞いているうちに
どうやら氷山みたいな見た目を塗装で見せるにはどうすれば良いか。
それを塗装職人に伝えるには・・・という相談でした。
て言うか、もう少し早く言ってくれてれば・・・

何も見えない状況で、頭がキーンとなりましたが
もうやるしかありません。

『手元に図面もないので何とも言えないけど、溝の深い部分に薄目の青というか水色を入れて
他は白にして境界をボカしてみるのはどう? 間違ってもクッキリ配色はしないでね。
あと、青みが強くなりすぎないように。』

『白と水色の割合はどのくらいがいいですかね?』

『白7 水色3で。8:2くらいでもいいかも。』

『わかりました。やってみます。』

他にも沢山の細かい話をしたはずなのですが、ざっくりこんな感じの会話だったと思います。

電話でそんな打ち合わせをして良いものか、そしてちゃんと出来上がるのか・・・。

その後連絡はなく、この外観で完成していたのです。

Hくん、あっぱれです。施工の専門でありながら、また聞きでよくぞここまで仕上げたな!
予想以上の出来に感激しました。
そして、塗装屋さんもスゴいです。
こういう微妙な仕事って、職人さんにはなかなか意志が伝わらないことが多いのに・・・。

電話での『わかりました。やってみます。』は、いけるという確信を含んでいたのですね。

残念ながら、このアトラクション もう取り壊されてしまいました。

この当時、毎日何かがギリギリの状態で仕事をまわしていた気がします。
殆ど寝ずに駆け回っていたような・・・。
その分、達成感が大きかったのも事実です。

勢いだけで生きていられた時代。楽しかったなぁ。


※取り壊されたと思われたアイスワールド。
何気なくHPを見ていたら、どうやらリニューアルされていたようです。
失礼しました。
[PR]

by maru-tonpi | 2011-04-13 01:00 | つくりもの | Comments(10)
2010年 08月 25日
海を渡ってきたモノたち
f0079967_2047919.jpg




f0079967_20483611.jpg来年用母の日ピックのファーストサンプルが届きました。
母の日プラスギフト用っていうくくりです。
夏の海のコンテナの中は、さぞかし暑かったことでしょう。
ようこそ、いらっしゃいました。

仕上がりはまあまあですね。目鼻のバランスがちょっと・・・ですね。(笑)
味になっていれば全く問題ないのですけどね。
ほぼ原画通りに出来上がっています。
ファーストは腕のいい工員さんがやるので、間違いないのですが
この後量産に入ってからが、予想を上回る展開に突入しちゃいます。
意味ね〜な。
毎度のことですね。

他にもいろいろなバリエーションでデザインしていますが
大人たちの諸事情により、この1カットとさせていただきます。
まだ世に出回っていないモノたちなので・・・。
もし街で見かけたら、『あ、アレだ。』と思ってくださいね。
来年の春には、あちこちで置かれる可能性がありますが
展示会での受注が無ければ幻の作品となります。
[PR]

by maru-tonpi | 2010-08-25 20:52 | つくりもの | Comments(6)
2010年 06月 05日
看板の完成
f0079967_1847153.jpg完成しました。
DOCSTYLE(ドクスタイル)の置き型看板。
多少の雨なら大丈夫ですが、一応インドア仕様です。
周囲近隣の方々に何屋だか知らしめるためのものです。
両面(2面)仕上げ。
上部を蝶番で固定。
内側にチェーンが張ってあるので
これ以上開かないようになっています。
そしてパタンと畳めます。(指詰め注意)

f0079967_18525938.jpgクルッと返すと、
ウラ面はお店を閉めている時にお使いいただけます。



f0079967_18484684.jpg完成直後 というか、蝶番を取り付けている時から・・・
もっと前ですね。下地を塗っていた最初の最初から「ゆず」は興味津々。
看板を立てて写真を撮っていたら、くぐってました。
そりゃくぐりますよね。(笑)
「ゆず」、良かったね。楽しかった?
もう持って行っちゃうからね。いい?
←この写真は、数日前に撮ったものです。

そして今日、hid_nyanさんのところへ納品に行ってきました。
往復で150kmくらいの、ちょっとした旅行になりました。
お店に飾った感じはhid_nyanさんのブログの記事でアップされています。
愛猫にゃんちゅうにも会ってきました。
初対面の人には触らせない とのことでしたが、なんと触らせてくれました。
おまけにガブガブ噛んでもらいました。(笑)




今回の看板。
全体にエイジングを施してあります。

詳細はこちら
[PR]

by maru-tonpi | 2010-06-05 19:43 | つくりもの | Comments(10)
2010年 05月 03日
看板(サインボード)の製作
f0079967_1533644.jpg今日もいい天気。
せっかくなので描き仕事を。
某バイクカスタムショップの入口用に小さめ(A2)の看板(サインボード)を製作中です。
「ゆず」が見に来ましたよ。猫の手は足りてますからね。
好きに遊んでいてね。(笑)

因みに、右手に持っているのは海綿です。
一度下地の色を入れてから、エイジング(汚し)するのに使います。
台所用のスポンジでも代用できますが
最終的な仕上がりは、断然海綿の方が上です。雲泥の差が出ますね。


f0079967_15332630.jpg次は「まる」が・・・。
「まる」はちょっとだけ役に立ちそうではありますが
看板がけむくじゃらになったら困るので
丁重にお断りしておきました。

ということでhid_nyanさん、勝手に進行中です。
出来上がったら持っていきますね。
自分で言うのもナンですが、すごくいいものが出来そうです。
仕上がりは乞うご期待。

ご本人に手渡した後、こちらでもアップしたいと思います。
[PR]

by maru-tonpi | 2010-05-03 15:44 | つくりもの | Comments(4)
2009年 11月 04日
ハロウィンの次は・・・
f0079967_21183226.jpg自動的にクリスマスがやってきますね。
巷では今年、ハロウィンとクリスマスのディスプレイが
売り場に並んで展開されるという非常事態も見受けられました。
節操無さ過ぎませんか? 良くも悪くも、これが日本の文化でもあるんでしょうけど。

こちらは木製のピックです。デザインを担当しました。
シルクで刷っているので、構図に間違いはないものの
工場から上がってくるサンプルは、いつも色がくすんでいます。
版ズレはご愛嬌の範疇で済まされますが、肝心な色が毎度毎度ガックシな仕上がりです。
味になっている というレベルではなく貧乏くさくなってしまうのです。
写真で見るよりも、実際の色は暗いです。
焦げ茶ベースの、絵柄が入る部分の色を抜いていないというのも原因ですね。
下地に濃い色が入れば、それだけで乗せる色はアンダーになってしまいます。
残念ながら、コストや生産ラインなどなど
さまざまな理由でこのまま世に出てしまうのが現状なのです。
日本のどこかで見かけることがあるかも知れません。
その時は、「あ、これだな」と思って下さい。


やっぱり量産は嫌いです。


因みにこちらはイラストレーターで製作した元データです。
もう少し、この絵に近いはずでしたが・・・残念ですね。
f0079967_21253621.jpg

[PR]

by maru-tonpi | 2009-11-04 21:31 | つくりもの | Comments(6)
2009年 10月 17日
ハロウィンということで
f0079967_10165866.jpgこちらは一昨年くらいにデザインを起こし、
去年のシーズンに売られたものです。
最初の絵とはずいぶん変わってしまいましたが
よく出来た方かな?と思います。
ここの工場は、腕のいい人が揃っているみたいですね。
実際、人がデザインしたものを
製品として製作するのは難しいのです。
サイズはW7cm×D3.5cm×H9cm
木製です。バネ部分はスチール。

今年の夏に立体サンプルを作って製品化した
アニマルのガーデンピックは、
予想を遥かに上回るひどい出来だったので
残年ながらアップできません。
自分が関わったものと認めるわけにはいかない程ひどいです。








以下は、こちらもデザインをした100均で販売中のアイテムです。
画像検索していたら、いろいろと出て来ました。
ブログやサイトとリンクしていて、
どういう人が、どうやって使うのか気になるところを
いろいろ知ることができました。
ディスプレイが好きでご自分で飾られている方もいたりするようですが
『別に欲しくないんだけど、ついつい買っちゃう』
というのが大半の購買動機になっているようですね。

いずれにしても、買っていただいて有り難く感じています。

f0079967_13521940.jpg

f0079967_20483252.jpgこちらの三角のバナー(フラッグ)も見つけたのでアップします。
先日、会社に行く途中の駅の売店(NEWDAYS)でも発見しました。
皆さん、いろいろ工夫して飾られているのですね。
わたしも20年ちょっと前までは、
あちこちのお店でディスプレイ(ウインドウや店内)をしていました。
夜中の作業が多いので、いつまでも続けられる仕事ではありません。
今は、ディスプレイ自体にもまったく興味が無くなってしまいました。
仕事で関わりすぎると、嫌いになってしまうのでしょうか。(笑)
こんなこと言ったら、ディスプレイ業の方々に失礼ですね。
[PR]

by maru-tonpi | 2009-10-17 10:25 | つくりもの | Comments(4)