カテゴリ:な な( 66 )

2016年 01月 07日
なな13歳の誕生日
f0079967_20285669.jpg1月7日。
「なな」が生きていたら、13歳だったですね。
と言っても、誕生日も年齢も
こちらで勝手に決めたわけですが・・・

春の七草の「なな」。ラッキーセブンの「なな」。

結局、長く生きることはできませんでしたが
病院からは、『治らないだろうね』と言われていた口内炎が
奇跡的に完治し、一時は体重も増えて
とても元気になりました。

あの日、あのまま外にいたとしたら、
いったい、どうなっていたか・・・
それとも、外にいた方が幸せだったかな?・・・とか。
複雑な思いが渦巻いていましたが

一緒に過ごした日々。
これで良かったのだと思うようにしています。
幸せに猫生を全うできたと信じたいです。

ノラにゃんは、いったい いつ生まれ そして何歳なのか
よくわかりませんよね。

「もも」も、然り。(笑)

未だに誕生日を決めてあげていません。

この画像は、以前にもアップした「なな」です。
今では、うちの遺影になっています。
[PR]

by maru-tonpi | 2016-01-07 20:32 | な な | Comments(2)
2014年 09月 21日
ありがとうななさん
「まる」が旅立ってから、1年もしないうちに
「なな」を見送ることになってしまいました。

2014年9月18日午後8時 「なな」は息をひきとりました。

体重は、1.6kg。
2011年の暮れに保護した時は2.3kgでした。
でも、あの時よりも毛並がフワフワだったこともあり
最後は立派な「なな」でした。

この前日に、呼吸が荒く、浅くなってしまったため
急遽、いつもの動物病院に連れて行き
とりあえず、酸素吸入をしていただき、
SPO2(血中酸素濃度)を100%に維持。
吸入器の管を口元から離すと、みるみるその数値は下がっていきました。
自発での呼吸が困難になっていた「なな」。
どうも、鼻が塞がっていて、口での呼吸を余儀なくされていたため
呼吸が苦しくなっていたようです。

口からの投薬は難しいという判断で、ステロイド注射を実施。
家に戻ってきました。
「なな」の容体は徐々に落ち着き、呼吸も段々安定してきたのです。

f0079967_19244659.jpg

そしてこの翌日、また呼吸が速く、浅くなってきたのです。

病院からは、「おそらく、もう できることはないと思います。」と言われていました。

わたしはこの日仕事だったため、様々な事情を知る由もなく
帰り支度をしながら携帯を見たら、ななママからメールが入っていました。

とても呼吸が速い・・・痙攣が2回あった・・・

内容から、もうかなり危険な状態だと察することができました。

駅まで走りました。

家に着いた時、「なな」はもう意識がありませんでしたが
一生懸命に呼吸をしていました。

きっと苦しかったに違いありません。

家に着いてから、1時間半くらいだったでしょうか。
「なな」は3回目の痙攣を起こし、
口を大きく開いて、最後の呼吸を終えました。

わたしの帰りを待ってくれていたのかな?


f0079967_19464995.jpg

写真は2枚とも今朝撮ったものです。
今日、午前10時20分に最後のサヨナラをしてきました。
今は骨になって、うちに帰っています。


焼いた骨をきれいに並べていただき
見せていただきました。

喉仏 頭の骨 頸椎 背骨 肩甲骨 指先 尻尾の先まで
とてもきれいに残ったのです。

崩れたのは骨盤付近。

元々、歩く時に後ろ足がついて来なかった「なな」でしたので
仔猫時代の栄養が十分でなく
形成不全があったのかも知れません。

「ゆず」も、最後に挨拶をし(覗き)に来ました。

我が家の猫は、「ゆず」1匹になってしまいましたね。
毎日、バシバシと「なな」を叩いていた「ゆず」ですが
姿が見えないことを不思議に感じているようです。
きっと、「なな」の生前にテレパシーで話しているはずなんですけどね。
なんか、納得しきれていないようで
「なな」がずっといた、屋根裏ハシゴの裏をジ~ッと見つめたり、
最初にこもっていた一階の部屋を探したりしています。

1匹いるのといないのとでは、賑やかさが全く違います。
それが2匹減ってしまったわけですから
とても静かで、そして寂しい感じがしますね。

今まで「なな」を見守って下さった皆様。
本当にありがとうございました。


今回のことで、お花やお見舞いはお受けしないつもりでいます。
お気持ちだけ受け止めたいと思います。
いつも気にかけてくださり、感謝しております。

「なな」は幸せだったでしょうか。そう信じたいですね。

家に入れてからは3年弱ですが
外にいる頃からななママはせっせと世話をして
今日まで5年くらいは一緒でしたからね。


いつも塞ぎ込んでいて、そうかと思えば我が家で一番猫らしく振舞ったり、
難治性口内炎を克服し、絶好調になって大きな声で早朝から鳴いたり、
絶対に出ようとしなかった部屋を自ら踏み出し
1階から2階への大移動をしてきたり・・・

沢山の奇跡を見せてくれた「なな」。

向こうでは、「まる」が迎えてくれることでしょう。


全部ひっくるめて ありがとう ななさん。



一緒にいられて嬉しかったよ。
[PR]

by maru-tonpi | 2014-09-21 20:07 | な な | Comments(16)
2014年 09月 12日
がんばれなっちゃん
f0079967_21374793.jpg現在、殆ど開店休業の状態です。
それというのも、「まる」がいなくなり
PCが故障し、「なな」も具合が悪かったりで
ブログを更新するためのモチベーションが
完全に削がれてしまったためです。

でも、現在の「なな」の状況をお知らせしたいと思います。

体重は1.7kg。「ゆず」の半分ですね。片手でヒョイです。
甲状腺と思われる部分が、腫れてきています。
一日の殆どを寝床で過ごしています。
水やごはんは、自力では摂取できません。
全介助で栄養を補給しています。
おしっこは寝床でしてしまいます。
トイレまで行くことができませんから
仕方ありませんね。その辺は自由にさせています。
家でしていた皮下補液も、肉がなさ過ぎて難しくなってしまいました。
どこかを手術するにしても、麻酔に耐えうる体力もありません。
そんな「なな」ですが、よく飲み よく食べます。
なんかわからないのですが、すごくがんばっているのです。

そんなにがんばらなくても良いのですけどね。
穏やかに、そして自由に、居心地よくしてくれたら良いと思っています。

瀕死の状態だったあの日に保護していなかったら、今頃はもういなくなっていたかも知れない「なな」。
奇跡の連続で、口内炎が治り 「まる」から命の欠片をもらい、
絶好調に近い状態まで回復しました。
なので、食べたり飲んだりできるうちは、
「なな」の気が済むまで助けてあげたいです。
その日がいつ来ても、「なな」が『しあわせだった・・・』と思えるように。



因みにこの写真の「なな」ですが、
わたしたちがこの状態にしたわけではなくて
「なな」が移動してきて、置いてあったトイレットペーパーを枕にしていたのです。
[PR]

by maru-tonpi | 2014-09-12 22:30 | な な | Comments(8)
2014年 06月 08日
きょうもマイペース
f0079967_2239831.jpg一日の殆どを寝て過ごしている「なな」姉さん。

からだ、痛くないのでしょうか。
床擦れとか心配になってしまいますが、大丈夫みたいです。

動くのは、トイレか水飲みの時だけ。
稀に、『なんかありませんか?』
ってキッチンにやって来ます。(笑)

トイレですが、5割くらいの確率で外にしています。
トイレの中に入れるようにはなってきましたが
肝心のお尻が収まっておらず
ギリギリアウト というパターンが多いですね。

「ゆず」は、そんな「なな」を見て
ギョエ!っと思っているようです。

この時間、「なな」はお芋さんのように
ピースカ寝ています。

「ゆず」は、ゆずママの仕事が終わるのを
後ろの作業台で静かに待っているところ。

月命日の今日、「まる」は来ていたのでしょうか。
わたしはわかりませんでした。
「ゆず」も特に何も言っていませんでした。
[PR]

by maru-tonpi | 2014-06-08 22:47 | な な | Comments(6)
2014年 05月 11日
なな元気にしてます
f0079967_2344082.jpg

一日の殆どを寝床で過ごす「なな」ですが
先程、ひょっこりとバスケットから顔を出したので
慌てて撮りました。(笑)

今日は皮下補液をしてもらったので、かなり調子が良さそうです。
表情にも出ていますね。キリッとしています。

「まる」が天国に行く前に、「なな」の口内炎をもらい
命の欠片を授けてくれたおかげで
「なな」は元気に過ごすことができています。
難治性口内炎がここまで良くなるなんて、奇跡としか思えません。

まだまだ「ゆず」とは和解できていませんが
それぞれのペースで暮らしています。
と言っても、「ゆず」は「なな」のことが気になって気になって
仕方ない といった様子ですけどね。

朝晩がまだ冷えるので、「なな」の寝床はぬくぬくにしてあります。
[PR]

by maru-tonpi | 2014-05-11 23:10 | な な | Comments(8)
2014年 04月 12日
散策中のなな姉さん
f0079967_912360.jpg散策といっても、水を飲んでトイレに立ち寄って
またベッドに戻る というローテンション。
以前ほど、あちこちを見てまわるという行動は減りました。

寒暖の差からなのでしょうか。
「なな」は膀胱炎になってしまいました。
幸い、薬も効いて 今は元気でいます。

今日も皮下補液をしに行ってきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日書き忘れましたが、
最近の「ゆず」の行動が「まる」に似て来ました。

わたしがお風呂にいる時、
磨りガラス越しにず〜っと待っていたり
ちょっと出かけようとすると、一階まで下りて来て
『どこ行くの?』って聞いてきたり。

普段は滅多にそういうことをしない「ゆず」です。

「まる」がいた時は、「まる」の後ろについて
一緒に行動していましたけどね。

そして最近、「なな」を叩くことが減りました。

「まる」からの申し送りがあったのかも知れませんね。
[PR]

by maru-tonpi | 2014-04-12 09:11 | な な | Comments(6)
2014年 02月 11日
なな姉さんの堪忍袋
f0079967_21124475.jpg

昨日の夜のことです。
なかなか薬を飲まない「なな」。
飲まないといろいろ大変ですので、なんとか飲ませたいところ。
以前はごはんに混ぜておけば、わりとすんなり服薬できたのですが
最近は、どうもわかってきたようで
苦い薬を上手く避けたり、顔を掴んで無理矢理飲ませても
ペッと出したり・・・。

薬を入れられて、飲み込むまで口を押さえられている「なな」の目は
真っ黒でウルウルです。
『なんで、こんなことするの? ひどいよ・・・。』
そんな声が聞こえてきそうです。

そう思われても仕方ないのです。
「なな」のため。飲ませるしかありません。


昨日は二人掛かりで飲ませましたが
やはり上手くいかず、かなりの時間を要してしまいました。

「なな」もさすがにイラッとしたみたいで
薬を飲んだ後、プリプリ怒りながらその場を立ち去り
水を飲みに行ってしまいました。

帰りにはもう、ご機嫌は直っていたようですが・・・。



「なな」、すまなかったね。
[PR]

by maru-tonpi | 2014-02-11 21:21 | な な | Comments(8)
2014年 02月 02日
なな姉のトイレ事情
f0079967_2184334.jpg2月になりましたね。
日ものびて来ました。

ななママ撮影の「なな」です。

仕事部屋からの激写です。

どこが激写かというと
この状態、トイレに入るところではなく
もう、すでにしているのです。(汗)

ちゃんと入れることもあるのですが、
時々間に合わないことがあります。

なので、外に一枚シートが必要なのです。
「なな」は後ろ足の踏ん張りが今ひとつなので
力が上手く入りません。
トイレに乗っかるのも一仕事なのでしょう。

上がりかまちが、ちょっと高いのかも知れませんね。
わんこ用の平たいトイレの方がいいのかな?

縁につかまって、横向いて、耳を寝かせている
二階の子 「なな」姉さん。

昨日は日なたぼっこ場で
「ゆず」と、鼻を合わせて チュッとしていましたが
今日はななママに抱かれた「なな」にパンチが炸裂。
「なな」もやり返していました。
[PR]

by maru-tonpi | 2014-02-02 21:23 | な な | Comments(6)
2014年 01月 27日
みずがおいしいです
f0079967_22365192.jpg昨日の「なな」です。
元々、後ろ足がへたってしまうため
スムーズな歩行ができません。
腎臓が萎縮してしまっているのも原因かも知れませんね。

「なな」はごはん場も、水飲み場も、
日なたぼっこ場も、もちろんトイレも
全部把握しています。

今回の写真は、水飲み場から戻る「なな」姉さんです。

「なな」は、一回水を飲みに行くと長いです。
頻繁に飲まない分、飲みだめしているのでしょうか。

「なな」が飲んでいる間に、わたしは床に寝そべり
「なな」が振り向いて戻ってくるのを
カメラを構えながら待っていました。
バカですね。(笑)
親バカならぬ、飼い主バカっていうのでしょうね。

けっこう待ちました。
途中、首や肘が痛くなってしまい
もうやめようかと思った瞬間、
「なな」がクルッと振り向いて
こちらに向かって歩いてきましたよ。

とても満足そうです。『飲んだ 飲んだ』 って感じかな?

この後トイレに寄って、また寝床に戻った「なな」です。
日なたぼっこには、まだ早かったようですね。
[PR]

by maru-tonpi | 2014-01-27 22:48 | な な | Comments(4)
2014年 01月 12日
夕暮れとなな姉さん
f0079967_2125595.jpgちょっと人相猫相が悪く撮れてしまいましたが
かなりごきげんな「なな」です。

100均のクッションを繋いだベッド。
フカフカの敷物。
フワフワの毛布。
ペットボトルのあんか。

ちょっと体温が低めだった「なな」。
これで万全ですね。

部屋の中を移動するわたしたちを
キョロキョロキョロキョロ目で追って
なんだか楽しそうな時間を過ごしていました。

ここは、キッチンがよく見える場所。
ななママが見えるので、安心だったかも知れませんね。

「ゆず」はこの時、別の場所で爆睡中でしたので
奇襲攻撃を喰らう心配もありませんでした。

外は5時半前の夕暮れ。

ほんの少し、日が伸びたでしょうか・・・。

なっちゃん、そろそろ晩ごはんだね。
[PR]

by maru-tonpi | 2014-01-12 21:28 | な な | Comments(6)