カテゴリ:ゆ ず と も も( 192 )

2017年 08月 27日
よくねたにちようび

f0079967_18581409.jpg
この2週間近く、気持ちが落ち着かず

疲れているはずなんですが

あまりよく眠れていませんでした。



今日は 深い昼寝をしました。

猫たちも 一緒に寝てくれました。


猫と一緒だと

なんだか とてもよく眠れるような気がします。

1/fゆらぎ みたいなものが出ているのでしょうか。


先日は、母のことがあり

長い 長い留守番を任せました。

しっかりと任務を果たしてくれましたよ。

偉かったです。

『ゆず、もも  ありがとう。』

[PR]

by maru-tonpi | 2017-08-27 19:16 | ゆ ず と も も | Comments(4)
2017年 08月 13日
仲良しに見えますが
f0079967_20151171.jpg

午後6時前の東の窓辺。
まだ、外はうっすら明るいですね。

二匹で仲良く、ケージに乗っています。

もちろん 「ゆず」が後からやって来ました。

「もも」は、「ゆず」がいるところに
自分から近づくことはしません。


後ろにいる「もも」の目が怖いです。(笑)

なんで来るんだよ・・・って目で見ていますね。


この後、二匹で少しだけ眠って
「もも」が先に下り

「もも」が起きたことに気づくことなく
「ゆず」は寝続けていました。


[PR]

by maru-tonpi | 2017-08-13 21:18 | ゆ ず と も も | Comments(0)
2017年 08月 12日
スパイスとマタタビ
f0079967_10195982.jpg
我が家から徒歩圏に

インド風カレーのお店ができました。

なんと ナンがついてきます。(嬉)

店員さんたちも、それっぽい国の方々。(印?)

日本語がとても上手です。

案外、日本生まれだったりして。

この日はそのお店に行ってきました。



わたしたちが外から戻ったら
玄関で待っていた猫たち。

どこへ 何をしに出掛けていたのか
五感をフルに活用して
いろいろと探っています。

わかるかな・・・・・?

鼻が利きますからね。

なんとなくわかったと思います。

マタタビに近い匂いがしたかも知れません。

[PR]

by maru-tonpi | 2017-08-12 10:40 | ゆ ず と も も | Comments(2)
2017年 08月 12日
気温差が激しいです
f0079967_00270440.jpg

暑かったり、涼しかったりで
どうしたらいいかわからない猫たち。

人間もですね。

先日(水) 37℃ なんて日がありましたが

今日(金)は そこからマイナス10℃くらい。

雨も多いですね。

写真は、バスマット(ゆずのお気に入り)を独占中の「もも」です。


f0079967_00270015.jpg
 一方、「ゆず」は

タワーで不満気な様子です。

冬の到来を予感してしまったでしょうか。

極度の寒がりですので

ちょっとでも気温が下がると

「ゆず」はどうしたら良いか わからなくなります。

暦の上では残暑。

秋は確実に迫ってきているはずですが・・・。

どうなんでしょうね。


[PR]

by maru-tonpi | 2017-08-12 00:36 | ゆ ず と も も | Comments(0)
2017年 08月 06日
マットレスをシェア
f0079967_16274590.jpg

バスマットを取り合っていた猫たち。

今度は、ベッドで昼寝らしいです。

寝室で寝る猫。

「もも」は、わたしの膝がくる付近。
「ゆず」はわたしの枕とタオルケットに
めりこんで寝ています。
前足で顔を隠して寝ています。(笑)

お二方とも 熟睡です。

わたしが出入りしても 写真を撮っても
ピクリともしません。

耳すら動きません。

あんまり昼寝が長いと
また夜が活発 ということになるので
そろそろ起きてほしい気もしますが
気持ち良さそうに寝ている猫を
起こす勇気はありません。

好きなだけ寝てもらうことにします。


[PR]

by maru-tonpi | 2017-08-06 16:41 | ゆ ず と も も | Comments(2)
2017年 08月 06日
バスマットをシェア
f0079967_14362238.jpg

ですが・・・
「もも」が真ん中を贅沢に使い
「ゆず」がどうしても遠慮がちに・・・。

そのうち、「もも」が向き直り
「ゆず」の頭をペロペロ。

グルーミングではなく、
『これ、ボクのなんだから あっちいってよ!』
ってことのようです。
舐めて、押しのけようってことですね。

ペロペロはどんどんエスカレートし
ガブガブに移行。
激しい取っ組み合いに展開していきます。

このマット、普段は「ゆず」しか乗りません。
どちらかと言うと「ゆず」の なのです。

なんでも 自分の って主張する「もも」です。


「ゆず」、がんばれ!


[PR]

by maru-tonpi | 2017-08-06 14:45 | ゆ ず と も も | Comments(2)
2017年 08月 05日
冷蔵庫ブーム再燃?
f0079967_22024086.jpg

誰かがキッチンで調理していると

『冷蔵庫に乗っちゃおうかなぁ・・・』

と、「もも」がやって来ます。

シンクに何も障害物が無ければ

シンクから冷蔵庫に乗らせていますが

IH全開で、鍋やフライパンがグツグツしている時に限って

このお方は よく登場します。

そんな時は、抱えて乗せているのですが

これがまた重くて困ります。(笑)

そうこうしていると・・・

「ゆず」もアーアー鳴きながら現れます。

『ゆずものりたいよ~』 ですね。

「ゆず」は、シンクから冷蔵庫に飛び乗れないので

「ゆず」も乗せます。

「ゆず」を乗せると、冷蔵庫の上でもめます。

もめると、「もも」が『ボク降りる』となりまして

続いて、「ゆず」も降りることになり

また 抱えて降ろします。

毎回、この一連の流れになるわけですが・・・

なんでしょう。 この悪循環。(笑)


[PR]

by maru-tonpi | 2017-08-05 06:50 | ゆ ず と も も | Comments(4)
2017年 08月 04日
プリクラ的猫の肖像
f0079967_22023648.jpg
「もも」が床でゴロゴロしていたら

どこからか「ゆず」がやって来て

コテンと横になり、「もも」を枕に・・・。

「もも」は、寝てはいませんでした。

こんな状況、不本意なはずですが

嫌がる様子もなく、じっとしていました。



これは撮らないわけにいきませんね。



なんとなくボヤけてしまいましたが

マンガみたいな 良い瞬間が撮れました。

[PR]

by maru-tonpi | 2017-08-04 23:18 | ゆ ず と も も | Comments(4)
2017年 07月 29日
梅雨は終ったのにね
f0079967_22415425.jpg
この時間、外は シトシトと雨が降っています。
梅雨明けしてから不安定になっていますね。
台風の影響もあるのでしょう。




せっせと遊ぶ「もも」。

一番大好きな、自分の毛で作られたボールです。

あっちこっちにシュートしては
また取りに行って、またシュート。

本当に楽しそうです。

ももママがファーミネーターで集めた毛を
硬く丸めてボールにしてくれました。

階段では、下に落として 追いかけて
また このボールをくわえて
鳴きながら二階に戻ってきます。

f0079967_22420046.jpg
こちらは みみず腫れ。

「ゆず」の爪痕です。

経緯としては
しばらく「ゆず」の爪を切ってあげていなかった
というところで・・・

タワーに乗った「ゆず」が、前足を支柱に引っ掛けたまま
動けなくなっていました。
爪がかなり巻いていたのです。

床を歩いている時も
カッチョ カッチョと音を立てていました。

そこで、急きょ 爪切り施行。
あっけにとられ、スイスイと終わりました。

終わった途端、我に返り
『なにすんのよ~!』ってことになり

向き直ったところにわたしがいた為
腕から肩 背中へとよじ登った

というわけです。

切る前の伸びた爪も、皮膚に刺さって痛いですが

切りたてのエッジのきいた爪も
これはこれで痛い・・・。

この傷の他にも、手首や二の腕など多数。

わたしの対処が遅れたのが原因ですね。

「ゆず」と至近距離で正面から向き合うと
こういう結果になります。

[PR]

by maru-tonpi | 2017-07-29 23:40 | ゆ ず と も も | Comments(0)
2017年 07月 28日
夜中の家出は勘弁ね
f0079967_20220344.jpg

「ゆず」の、いつになく複雑な表情。

何かを言いたいけど、言わない と決めた目。

**********************

昨日の夜中
「もも」は家を飛び出して
この日は戻りませんでした。

わたしたちが寝ている間に
寝室の網戸を開けて
出て行ったようです。

そして、朝。
「ゆず」は、こんな顔で足もとにいました。

この時点で、「もも」はまだ行方不明。

とは言え、行くところはだいたい決まっています。
ももママは、何度も外に出て様子を見ました。
わたしも、仕事に行く支度をしながら
ベランダから外を何度も見ました。

一向に、現れる気配なし。

そんなこんなで時間は経過し
わたしは もう出かける時間になりました。

駅に向かいながらあちこち見ましたが
姿は確認できず・・・。

どこに行ったのでしょう・・・。
だんだん心配になってきました。

職場について、着替えていると
ももママから メールが・・・

『もも 帰ってきた。』の文字。

ホッとしました。

ももママが また 何回も外を見に出かけ
何回目かに玄関ドアを開けた真ん前の通りに
「もも」がいたそうです。

帰って来てくれました。

帰ってから 丸洗いされ
今は薄暗い部屋で静かに過ごしています。

f0079967_06122505.jpg

ちょっと前に、ももママが見つけてきてくれました。
家の、脱走経路になり得る網戸をロックします。


[PR]

by maru-tonpi | 2017-07-28 20:48 | ゆ ず と も も | Comments(4)