<   2009年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

2009年 11月 30日
ゆずの世話係
f0079967_20371089.jpg
今日も「ゆず」の世話をしてくれている「まる」。
肩に手を回しています。   なぜ?(笑)
この写真だけ見るとすごく仲良しに見えますね。

実は「まる」、ラッパを避けてのけぞっているのです。(笑)
「ゆず」が「まる」に寄り添っていく姿、なんともいじらしく
そして可愛くなってしまいます。
抱き合わせになった時は、
「まる」のおなかをふみふみしているんですよ。
『ゆず、そのしろいフワフワはおかあさんじゃないですよ。』(笑)
「まる」は「ゆず」にふまれてゆらゆらと揺れています。
しばらく我慢するものの
最後には世話係を放棄して逃げ出してしまうんですよ。

「まる」、よく頑張りました。
あとはお父さんがアレしとくからね。

昨日、POLOの試乗に行きましたが
その夜にさっそく電話があり、
そして今朝、ポストに封筒が・・・。
メールでお知らせ下さいと言ったのですが
夜のうちに書類をわざわざ持って来てくださったようです。
売る気満々じゃないですか!
買う気満々に見えていたのかも知れませんね。(笑)

悪い印象は持ってはいませんが
あんまり押されると引いてしまいますよね。
そんなに安い買い物でもないので。

あちらも決算ということで、なんとかこのタイミングで
と思っておられるのでしょうね。
うちとしては、出来るだけ安く買えればなぁという思いだけです。
今いる会社もいつまであるかわかりませんので。
[PR]

by maru-tonpi | 2009-11-30 20:44 | ま る と ゆ ず | Comments(10)
2009年 11月 29日
初のポロ
f0079967_2142315.jpg夕方、VolksWagenに行ってきました。
乗りましたよ。New POLO。いいです。すごくいい。
室内の静かなこと。シートも硬めでいい感じでした。
今まで乗ったクルマといえば、教習所のクラウン コンフォート。
レンタカーのフィットとヴィッツだけですが
運転歴は浅くても、この違いは明らか。走るというよりも滑っているような感覚。

展示してあったのはレッド。レッドもいいですね。きれいな赤でした。
ハンドルも重すぎず軽すぎず、なめらか。
ただひとつ。フィットやヴィッツよりも室内が狭いです。

ウインカーのレバーが左に付いているので
曲がる時に何度もワイパーを作動させてしまいましたよ。
因みに、ウインカーレバーが右にあるのは日本だけだそうです。
左側通行のイギリスも、レバーは左なんですね。





今回、乗るのも見るのも初めてだったわけですが
印象としては、想像していたよりもコンパクトだった ということ。

さて、どうしたものか・・・。運命の分かれ道。
人生をも左右するかも知れません。
あとは財布と相談ですね。
[PR]

by maru-tonpi | 2009-11-29 21:52 | のりもの | Comments(6)
2009年 11月 29日
喋りのプロ
f0079967_8211753.jpg
大物歌手のリサイタルには、必ず専属の司会者が同行する。
という話を聞いたのは今から20年くらい前のことです。
当時働いていた会社にちょいちょい出入りしていた
保険のおばちゃんのご主人が
その仕事をされていたので知りました。
今の時代はどうなのかわかりませんけどね。

なんでこんな話になってしまったかというと
久々に土曜出勤した朝に乗った
電車の車掌さんについて書きたかったからなのです。
土曜出勤させる会社の社長も、どうかと思いますけど。
頭に虫湧いてるんでしょうね、きっと。
それはまあ、どーでもいいですね。叩きのめします。

この車掌さん、ただならぬ予感はあったものの
終点が近づいた時にすべてがハッキリしました。
他の車掌たちとは一線を画している喋り口調。

『皆様、降りる準備をしてお待ち下さい。
間もなく終点です。
到着フォームは3番線。お出口は右側です。』

ここで一拍

『それではここで、乗り換えのご案内です。
横浜方面は、階段・エスカレーターで1番線へ。
東京方面は降りたフォーム、4番線でお待ち下さい。
今朝もご利用頂き、誠に有り難う御座います。
皆様、今日も一日気をつけて行ってらっしゃいませ。』

なんて丁寧なんでしょう。
実際は、もっといろんなことを言ってたと思います。
しかも噛まずに。
この後に
『それでは歌っていただきましょう。張り切ってどうぞ。』
なんて続きそうな感じでしたよ。
電車の到着にピッタリと終わらせる喋り始めのタイミング、
声質とマイクの距離。
全てが完璧に思えました。プロですねぇ。
前職は司会業だったりして・・・。

残念ながらどんな方なのか、見ることはできませんでしたが
言葉と喋り方だけで、気持ちって伝わるのですね。
乗っているこちらが有り難い気持ちになったのと同時に
この方の人生すら垣間見た気がした瞬間でした。

嫌がらせの土曜出勤も帳消しです。
[PR]

by maru-tonpi | 2009-11-29 08:54 | ヨコハマ | Comments(6)
2009年 11月 28日
ベッドではなく・・・
f0079967_23101871.jpg今日はそんなに気温低くないなぁ と思う日でも
「ゆず」にとっては超寒いわけで・・・
耳と鼻と肉球を冷たくしてさまよっています。
ベッドの下に敷いてあるホットカーペットですが
「ゆず」は隙間を見つけてダイレクトに乗っかりました。
ベッド越しだと熱が届かないのですね。
『ゆず、あったかい?よかったね。』

f0079967_231044100.jpg一階の廊下に置いてあるオイルヒーターも、
「ゆず」は『あったかいもの』という認識があり
スイッチが切れていても寄りかかっています。
『いつかあったかくなるはず・・・』と思っていたりして。
「ゆず」にとってはとても長い長い冬。
頑張って乗り切ってもらいたいですね。
『ゆず、外はもっともっと寒いんだよ。』
外猫たちも心配ではありますが
今年は暖冬傾向らしいので
どうにかやり過ごせるかな?
みんな、「ゆず」より数百倍頑丈ですからね。
[PR]

by maru-tonpi | 2009-11-28 23:17 | ゆ ず | Comments(2)
2009年 11月 27日
ねこのきもちがわかるひと
f0079967_20455970.jpg
水玉ベッドにいた「まる」の横に「ゆず」が来て、
「まる」が逃げ出してイスの上に乗った。そんな状況です。
なんとなく見つめあっていますね。微妙な距離感です。

写真右半分のスペースは、
まるゆずママが作ってくれた最高の寝床です。
奥のふたつは、下にホットカーペットが敷いてあって暖簾付きです。
夜中は冷えますからね。
「まる」はあまり寒がらないので
暖簾の中にこもっていても、わりとすぐに出てきます。
逆に「ゆず」は、入るとしばらく出て来ません。
「まる」がいるところに「ゆず」が入って、
フタしてしまうこともしばしば。

うちには猫ドアがないので
リビングや寝室のドアは一年中開けっ放しです。
その代わり、開口部にピッタリ収まるカーテンを
まるゆずママが付けてくれました。
「まる」も「ゆず」も、手でペロッとめくって出入りします。

まるゆずママは、「まる」と「ゆず」の気持ちをとても理解しています。
本能的に感じ取っているようにも見えます。
ねこのきもちがわかるのですね。

うちは二人とも動物が好きでよかったなぁと思います。
もし、どちらか一方でもダメだったとしたら
こんな風に「まる」と「ゆず」と暮らしていなかったでしょうね。

因みにわたしは猫アレルギーです。
それでも好きなのです。猫が。
[PR]

by maru-tonpi | 2009-11-27 20:54 | ま る と ゆ ず | Comments(2)
2009年 11月 26日
行ったことのない観音崎
f0079967_2259444.jpg

以前、知り合いの代理店からの依頼で
観音崎のマップ製作をしました。
こちらが以前の記事
今日、資料の画像を探していたところ
見覚えのあるマップが目にとまり開いてみたところ、
やはりあの時のものでした。

多少アレンジはされているものの
巨大な案内看板として製作され、
観光に来られた方のお役に立てているようです。

行ったことのない観音崎。
クルマで行くところが、また増えました。
[PR]

by maru-tonpi | 2009-11-26 23:09 | 描きもの | Comments(4)
2009年 11月 26日
エクソシストを呼んでおくんなんし
f0079967_211848.jpg
久々の電車ネタです。
先日恐ろしい女に遭遇しました。

混雑した車内、
ぎゅうぎゅうで身動きがとれない状況ってありますよね。
乗り換えで降りる駅に電車が着いて、
押し出されるようにフォームに出る時
その女はわたしのすぐ前にいて、
バッグが、わたしとわたしの隣にいたサラリーマンのおじさん
(わたしもですけどね)の間に挟まっていたらしく
物凄い形相で力の限り引き抜いてました。

バッグの金具らしきもので腕がこすれて、かなり痛かったです。
その後電車を降りてから、わたしの前を歩いていたこの女
何度も振り返ってわたしを睨んでいました。
殺意に満ちた目で。
恐すぎます。

何にもしてませんよ。
バッグが挟まっていたことも、あまりの痛さで気づいたくらいですので。
そんなに大事なものなら、ちゃんと抱えていればいいのに・・・。
この扱いを見ると、そんなに大事でもないんでしょうね。
きっとこの女、悪霊が憑いているに違いありません。
同じ沿線にこんな凶暴な人間が住んでいるなんて
ちょっとガッカリですね。
そのうち何かで捕まるかも知れません。

帰って服を脱いで見てみたら、
腕には赤くこすれた跡がついていました。
まるで悪魔の烙印のように。
こちらが、傷害で訴えたいくらいです。

恐いと言えば、何人もの男から金を騙し取り
挙げ句に殺害した結婚詐欺の女が逮捕されました。
どこでどう歯車が狂い始めたのかわかりませんが
騙される側にも何らかの問題はあるように思います。
[PR]

by maru-tonpi | 2009-11-26 20:23 | 懲りない面々 | Comments(6)
2009年 11月 25日
屋根裏シーズン終了
f0079967_2171584.jpg夏は毎日のように屋根裏に上がっていたまるゆず。

もうじき冬という頃になると、ピタッと行かなくなります。
屋根が近すぎて寒いのかも知れませんね。
それでココか・・・(笑)
ベンチソファの上です。主にわたしが座っている場所です。
気持ちよさそうに寝ています。
それにしても無防備過ぎませんか・・・。
仰向けって・・・。
最近の「まる」は、寝ている時間が長いです。
この日は1日の90%くらいを寝て過ごしていました。
時々起きて、水を飲んでまた寝に戻ります。

f0079967_2181634.jpg
「まる」は寝てばかりだけど、しあわせなのかなぁ・・・
時々心配になったりします。
逆に「ゆず」が寝ません。
昼寝らしいこともせず、ずっと起きています。
夜も、いつまでも寝ないでいます。
遊びたくて仕方ないのですね。
わたしたちにかまってもらえないと
すぐ「まる」にひっついていきます。(困)
そして朝も早くから寝室にいます。
いったい「ゆず」はいつ寝ているんでしょう。
[PR]

by maru-tonpi | 2009-11-25 21:09 | ま る と ゆ ず | Comments(6)
2009年 11月 24日
じっとしとけよ ゆず
f0079967_20402595.jpg冬の風物詩
まるゆず弁当大盛りです。
色的には、煮物とごはんだけでしょうか。(笑)
かなり和風ですね。

「まる」がいるところにいつも「ゆず」が来るわけですが
「ゆず」は入る前に、「まる」の頭を数回ペロッペロッと舐めます。
何かの挨拶なんでしょうか?
『にいちゃん、ゆずはいってもいい?』
空気を読まない「ゆず」なりの気遣いかも知れませんね。

f0079967_20415663.jpgこの日は「まる」に頭を押さえ込まれていました。
ラッパが顔に当たって、イヤだったのでしょうね。
「ゆず」が頭を持ち上げようとすると
上からグイッグイッと押してました。(笑)
「まる」も眠くて、逃げ出す気力も無かったようです。

「まる」はいつも思っているでしょう。
寝るところ、他にも沢山あるのに
なんで「ゆず」はひっついて来るのかなぁ?って。
寒いからですね。

昨日は昼寝しているゆずママの懐に潜り込んでいました。
[PR]

by maru-tonpi | 2009-11-24 20:44 | ま る と ゆ ず | Comments(8)
2009年 11月 22日
二度目のドライブ
f0079967_22584211.jpg
今日はお昼からまたクルマを借りて
pepperoni邸にお邪魔してきました。
行きと帰り、そして帰り道に迷った分を含め
今回の走行距離のトータル 82km。
前回の倍以上走りました。
今日借りたのはトヨタのヴィッツ。
とても乗りやすかったです。
Aピラーの位置が前方にえぐるような設計なので
横の視界がゆったりしています。

今回もわたしは運転、まるママはナビで手一杯だったので
写真は1枚も撮れませんでした。
もちろん、カーナビもセットしていましたが
うかつに気を取られると危険なので
カーナビをナビしてもらっての走行でした。
クルマを返す時間に限りがあったので
帰り道で迷った時は、帰れないかも・・・
と思いましたが、どうにかこうにか間に合いました。
明日が休みでよかったです。
クルマの運転は楽しいですが
後でドッと疲れが出ますね。

右の写真は、実際に走った道ではありますが
イメージです。
f0079967_045816.jpgこちらもイメージですが
今日のクルマです。色もこれです。
pepperoniさんのお宅は、くねくね山の上だったので
コンパクトカーはスイスイでした。

これからもどんどん運転したいと思います。

今回の一番の目的は
新築祝いに、表札や壁、ドアなどにペイントすることでしたが
その写真も撮り忘れました。

次はここへ行ってみたいと思います。
[PR]

by maru-tonpi | 2009-11-22 23:07 | のりもの | Comments(4)