<   2014年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2014年 01月 31日
奇跡っぽいネコたち
f0079967_2274460.jpg昨日お話した奇跡っぽいことですが
1月29日の日中に起こりました。
わたしは家にいませんでしたので
まるママが見た光景をそのままお伝えします。

写真に撮ってくれていました。
が、その肝心な瞬間は
あまりに奇跡っぽい上に、二匹が動いてしまいそうで
撮れなかったのだそうです。

この写真を撮った次の瞬間、
「ゆず」は、「なな」の方にでんごろりんと転がって
シッポを重ねてしばらくそのままでいたそうです。

「まる」が、旅立つ前日(数時間前)に猫会議を開き
「ゆず」と「なな」に招集をかけた際に
「なな」とシッポを重ねていましたね。
そんな光景だったそうです。

「まる」は記念日(1/28)にやって来て
『ゆず、ななおばとなかよくするんだよ。』
と「ゆず」に再度申し送りをして
それを「ゆず」が実行したのかも知れませんね。

仲良く日溜まりにいます。
シッポを重ねて、何か話したのでしょうか・・・。
実際のところは、何もわかりません。

これが、「ゆず」と「なな」の新たな一歩だと思いたいですね。
[PR]

by maru-tonpi | 2014-01-31 22:26 | ゆ ず と な な | Comments(8)
2014年 01月 30日
何してるんですか?
f0079967_2142630.jpgガシガシガシガシガシガシ・・・(笑)

何してるんですか? って
いつも聞きたくなるのです。

もう、おわかりと思いますが
これはトイレです。

「ゆず」はう◯ちをした後、
必ずこのおまじないみたいな行動をとります。

トイレのドームがちょっとフロストがかっていますが
透けて見えるその表情は真剣そのものです。


「ゆず」としては、砂をかけているつもりなのか・・・
それとも、こうすればう◯ちはどっかへ行く
とでも思っているのでしょうか。(笑)

実際、一粒もかかっていないことが殆どです。

どこにも行かないのです。
わたしたちがどっかへ運んでいるわけですね。

「まる」も、「ゆず」のこの行動を
不思議な顔で見ていましたよ。

『まる。 ゆずはまだやっているよ。きっと直らないね。』

※昨日の出来事(まるが来た記念日の翌日)ですが、
奇跡っぽいことがまた起きました。
次回 アップしますね。
[PR]

by maru-tonpi | 2014-01-30 21:16 | ゆ ず | Comments(8)
2014年 01月 28日
8年前の今日でした
f0079967_21371772.jpg今日はとても暖かくなりましたね。
8年前の今日は、北風が強く吹きつけて
とても寒かったです。
「まる」とまるママと一緒に歩いた帰り道。「まる」との生活の初日でした。

これからもこの日を忘れないため、
ここに記しておきたいと思います。

今でも、「まる」の在りし日の姿を思い出すと
ボロボロと涙が出て来ますが
いないことの違和感は和らいだ気がします。

いつでもそばにいてくれる
と実感できたからでしょうか。

でも やっぱり      「まる」、会いたいよ。
[PR]

by maru-tonpi | 2014-01-28 21:43 | ま る | Comments(10)
2014年 01月 27日
みずがおいしいです
f0079967_22365192.jpg昨日の「なな」です。
元々、後ろ足がへたってしまうため
スムーズな歩行ができません。
腎臓が萎縮してしまっているのも原因かも知れませんね。

「なな」はごはん場も、水飲み場も、
日なたぼっこ場も、もちろんトイレも
全部把握しています。

今回の写真は、水飲み場から戻る「なな」姉さんです。

「なな」は、一回水を飲みに行くと長いです。
頻繁に飲まない分、飲みだめしているのでしょうか。

「なな」が飲んでいる間に、わたしは床に寝そべり
「なな」が振り向いて戻ってくるのを
カメラを構えながら待っていました。
バカですね。(笑)
親バカならぬ、飼い主バカっていうのでしょうね。

けっこう待ちました。
途中、首や肘が痛くなってしまい
もうやめようかと思った瞬間、
「なな」がクルッと振り向いて
こちらに向かって歩いてきましたよ。

とても満足そうです。『飲んだ 飲んだ』 って感じかな?

この後トイレに寄って、また寝床に戻った「なな」です。
日なたぼっこには、まだ早かったようですね。
[PR]

by maru-tonpi | 2014-01-27 22:48 | な な | Comments(4)
2014年 01月 26日
ゆずは運動不足です
f0079967_11364254.jpg今朝の「ゆず」です。
久々にハッチャケました。

以前は、「まる」と一緒に
ガムシャラになって走り回っていましたが
この2、3ヶ月はそれがありませんので
「ゆず」はなんとなく丸くなってきたような気がします。


久々に気に入ったオモチャが登場。
肉球を真っ赤にして、夢中で遊びました。

途中、息切れしたようで床にへたり込み
休憩していましたよ。
「ゆず」から休憩の要求が出るのは珍しいことです。

まだしばらく休憩かな?なんて思い、
オモチャをテーブルの上に置いて別のことをしていると
『ウェ〜!』(変な声で無くのです)っとアピールの声が・・・。
『ハイハイ!』って、また再開します。(笑)

f0079967_11365414.jpg猫のオモチャもなかなか難しいですよね。
こちらが、『コレ、好きかも』なんて思っても
シラ〜ッとなってしまったり
何気なく買っておいたものが、
すごく食いつきが良かったり。

今回のは、
こちらの『好きそうかな?』 という思いと
「ゆず」の気持ちがピッタリ合ったようです。

すごく楽しそうに遊んでいました。

動体視力はまだ健在ですね。
射程距離の獲物は確実に捕らえます。

以前、巻き直したタワーのロープ。
けっこう毛羽立ってきました。
「ゆず」がちゃんと活用してくれているようです。
巻いた甲斐がありましたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

手を出しても出しても、ワンテンポ遅れてしまう
どんくさい「まる」も好きでした。

『まる、そっちには楽しいオモチャはあるのかな?』
[PR]

by maru-tonpi | 2014-01-26 11:49 | ゆ ず | Comments(8)
2014年 01月 25日
猫との暮らし始まる
f0079967_12154757.jpg

うちの家族になる前から、名前が決まっていた「まる」。(笑)
とうとう身柄を引き取る日がやって来ました。
2006年1月28日。
この先も忘れられない日になります。

二人でお店に出向き、何枚かの書類を書いた後
奥から出て来ました。「まる」。

初対面の時よりも、少し大きくなっていましたね。

お店のダンボール箱に入り、家へと向かいました。
外はかなり冷え込んでいましたので
薄いダンボール箱では寒かったでしょうね。

家のある駅に到着。
駅から家までは、南北に向いた広い通りを北に歩くため
正面から北風が強く抜けてきます。
まるママがしっかりと「まる」の入ったダンボール箱を抱え
その前にわたしが壁を作って歩きました。

「まる」との生活の初日です。
すごく寒い初日。耳が切れそうでした。

ちゃんと育てられるかな?病気やケガをしたらどうしよう・・・。
ずっとずっと一緒にいられますように。

期待と不安が入り交じる中、自宅に到着。

「まる」を箱から出しました。

キョロキョロキョロキョロ。
「まる」は探検していました。
これから生活を共にする住まい。

「まる」は知能が発達していましたので
それをわかっていたかも知れませんね。

一週間は、ケージで過ごさせてください。
と言われていたので、チョコマカ動き回る「まる」を抱えて
ケージに入れました。

閉じ込められたことをすごく嫌がって
『出せ、出せ!』って鳴いていましたね。

・・・・・・つづく

「まる」との思い出を、
今後 「まる」という猫のこと というカテゴリにまとめていきたいと思います。
時々覗いて下さったら幸いです。
[PR]

by maru-tonpi | 2014-01-25 13:48 | 「まる」という猫のこと | Comments(6)
2014年 01月 22日
ゆず近すぎるでしょ
f0079967_20363590.jpgこの、屋根裏のハシゴのウラが
今のところ、「なな」の居場所になっています。
最近、ちょっと食欲のない「なな」。

寒いせいもありますかね。
自分から『ちょうだい、ちょうだい!』
って来ることも減りました。

それでも、おなかは空きます。
変な時間に、急に『食べる!』ってなるんですよ。

黙々と食べる「なな」。
「ゆず」には気づいていないようです。
それとも、シカトなのか・・・。(笑)



そんな「なな」を、恐いもの見たさでチェックする「ゆず」。

でも、なんか近くないですか。この距離。

隙あらば、バシバシッと叩きに行こうとしているのです。

『やられたらやりかえす。』
それが「なな」のスタイルです。
自分からは絶対に仕掛けませんが
「ゆず」が来たら必ず応戦します。

さすがに10倍は返せません。
せいぜい等倍か、1.5倍くらいですね。
[PR]

by maru-tonpi | 2014-01-22 20:45 | ゆ ず と な な | Comments(6)
2014年 01月 20日
うちの家族になる?
f0079967_19453910.jpg

2005年の12月も押し迫ったその日、
まんまるさんに会いに来たのは
おそらくこれで4回目か5回目くらいだったですかね。

『今日、まんまるさんがいたらうちに迎えよう。』
『いなかったら諦めよう。』
そう決意してお店に向かいました。

変にドキドキしちゃいますね。
いたらどうしよう・・・ いなかったらどうしよう・・・。
複雑な思いを胸に、二人で入っていくと
そこには相変わらずのまんまる顔のまんまるさんがいたのです。

わたしは猫アレルギーがあったので
躊躇っている部分があったのですが
運命(たぶん運命ですね)の力に従い
うちに迎えることに決めました。
まだ生後一ヶ月ということと、手続きもいろいろあり
うちに来るのは一ヶ月程先になりました。

うちに来ることが決まった後も
お店に会いに行ったのですが、
お店の方の話では、
わたしたちが決めた翌日に
やはり まんまるさんを迎えたいという家族が来たそうです。
タッチの差とは、このことを言うのでしょうね。

結果、うちに来ることになったわけです。

うちで良かったかな?

その後、まんまるさん(もう「まる」でいいですね)を迎えるにあたり
いろいろと準備をし始めました。

「まる」ちゃん これからよろしくね。

写真は、うちに来て1週間くらいの「まる」です。

・・・・・・つづく

「まる」との思い出を、
今後 「まる」という猫のこと というカテゴリにまとめていきたいと思います。
時々覗いて下さったら幸いです。
[PR]

by maru-tonpi | 2014-01-20 23:17 | 「まる」という猫のこと | Comments(8)
2014年 01月 19日
帰り道のお楽しみ?
f0079967_14579.jpg

先日、まるママの手伝いでファッションイラストを描きました。
その勢いで、久々にイラストを描いてみましたよ。

最近、帰りによく見るサラリーマンです。
年齢は50代後半・・・かな?

わりと同じ車両になることが多くて
そしていつも、必ず何かを食べています。
もう、4、5回は遭遇していますが
やっぱり食べているのです。

先日、その食べ物が何なのか
やっとわかりました。

鯛焼きでした。

電車を乗り換える途中に鯛焼き屋さんがあります。
多分そこで買って、電車で食べる 
というのが日課なのでしょう。

ひょっとして、毎日食べているのかも・・・。
晩ごはんまで待てない高校生のようですね。

わたしも、鯛焼きは好きですが
さすがに毎日は飽きるかな・・・?
まあ、人それぞれなので構わないのですが
血糖値だとか、心配してしまいました。

f0079967_14114966.jpg

描いたのはこんな絵
[PR]

by maru-tonpi | 2014-01-19 14:20 | Comments(4)
2014年 01月 18日
毎週会いに来ました
f0079967_2315180.jpg

このことは今までにも何度か書きましたね。
改めてもう一度。

最初の出会いから、夫婦二人で衝撃を受け
毎週お店に会いに来ました。
家を出る度に、
『今日はまんまる いるかな?』『もういないかもね。』
『誰かの家族になって、幸せになってたらいいね。』
なんて会話をしていました。
でも、何度お店に通っても
そこにはまんまるさんがいたのです。

まだこの時は、うちで猫を飼う
なんて気は殆どと言っていいほどありませんでしたね。

ただ何となく、まんまるさんに会いたくて
いなかったら仕方ないね。という感じでした。

まんまるさんに会いにお店に行ったある日。
お店の方から『だっこしてみますか?』って聞かれて
まるママは抱かせてもらいました。
まるママの手首から肘に収まってしまうちっちゃいまんまるさん。
その可愛さは、何にも例えられませんでした。

この時すでに、うちに来ることは決まっていたような気もします。


ちっちゃいまんまるさんはガブガブ指に噛みついてきました。

お店の方は
『この子はちょっと噛み癖があるんですよ。』
なんて言ってました。
そうさせたのはあなた方なのでは・・・?という疑問を持ちつつ
黙ってまんまるさんの頭を撫でていました。
その時もわたしの指にガブガブ噛みついていましたよ。(笑)

写真は、うちに「まる」を迎えて3日目のものです。

・・・・・・つづく

「まる」との思い出を、
今後 「まる」という猫のこと というカテゴリにまとめていきたいと思います。
時々覗いて下さったら幸いです。
[PR]

by maru-tonpi | 2014-01-18 23:15 | 「まる」という猫のこと | Comments(6)