<   2016年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2016年 07月 31日
のびたりちぢんだり
f0079967_2055245.jpgこの壁に寄りかかって

まったりしていることが多い「もも」です。

どういう心境なのか・・・。(笑)

言葉が通じたら、聞いてみたいところです。

リビングの出入り口なので

風の通り道なのかも知れませんね。


それにしても、まっすぐすぎませんか?

特に後ろ足の伸びっぷりが笑えます。


これで、前足がさらに伸びていたら

もっと面白くなっていましたね。

f0079967_20555034.jpgそして、こちらは

スコ座りでグルーミング中の「もも」です。

以前はこんなポーズをしたら

後ろや横ににゴロンって転がっていましたが

通販で何かを購入し

密かに特訓でもしていたのでしょうか。

最近では、からだが柔軟になって 安定しています。


この写真は、右足が浮いてしまってますよね。

実は、もう少しよく撮れた写真があるのですが

アイフォンで撮ったものをパソコンに入れて

保存しなおすと、なぜか横向きに配置されてしまうため

こちらではアップできません。 残念です。


スコティッシュフォールドの「まる」は

この座り方 できなかったんですよ。


7月が終わります。
[PR]

by maru-tonpi | 2016-07-31 21:11 | も も | Comments(4)
2016年 07月 30日
午前5時のネコたち
f0079967_15452744.jpg

今日は休みでしたが、(お昼から3時まで介護タクシーの付添に行きましたけどね)

明け方に咳が止まらず、一度起きて二階リビングに上がり 麦茶を飲んで呼吸を整えました。



梅雨明け二日目の朝。 空気が澄んで、気持ちが良いです。

遠くから 蜩と、ミンミンゼミと、鶯の声が同時に聞こえてきます。

季節がめちゃくちゃで、みんな一斉に出てきたようです。

他にも、いろんな虫や鳥の鳴き声が聞こえます。

この辺には、白鷺 青鷺 百舌 オナガ

それと、この前見た、おそらくカワセミ・・・もいます。

色がいまひとつキレイではなかったのですが、フォルムはまさにカワセミでした。


自然が残っているのは良いものですね。ホッとします。


そして、この二匹の 幸せそうな寝姿。 ケージの上です。

湿度が低く、快適のようですね。

「ゆず」は、「もも」のシッポを枕にして寝ていますよ。

この後、前足をニュ~っと伸ばしたら

「もも」に危うく齧られそうになっていました。

歯がカチンって鳴っていましたね。
[PR]

by maru-tonpi | 2016-07-30 15:59 | ゆ ず と も も | Comments(4)
2016年 07月 24日
おやつちょうだいな
f0079967_19183119.jpg最近の「ゆず」のお気に入り。

『懐石』のカリカリです。

普通のカリカリでは物足りず
自分からキッチンへ行き、アピールします。

入っている場所もちゃんと知っていまして
その扉の前で待っているんですよ。

時々、扉をしゃぶしゃぶと舐めて
『ここだよ、ここにはいってるんだよ。』って教えてくれます。

『ゆず、ちゃんとわかっていますよ。いま、あげるからね。』

普通のカリカリにかけてしまうと
どうもガッカリ感がアップしてしまうらしく
懐石を手のひらに数粒乗せると
嬉しそうに食べています。

それで、どうやら満足するようです。

いつも同じ味では、飽きてしまいますよね。

「もも」は、とりあえず なんでもいい
みたいなところはありますが
今はカルカンパウチにご執心です。
先日、カルカンパウチのとろみ仕立てというのを
知らずにうっかり買ってしまい
ゆずももには大不評でした。

ゼリー仕立てでないとダメなようです。
[PR]

by maru-tonpi | 2016-07-24 19:28 | ゆ ず | Comments(4)
2016年 07月 23日
ついたりはなれたり
f0079967_17293079.jpg

大概は、「もも」から動き出すことが多いですね。

「もも」がいるところに、「ゆず」がとことこやって来て

ひと悶着あってから、こんな風に落ち着いて

「もも」が、また動き出す というのがいつものパターンです。

今日はわりと長い時間、一緒にいます。

ピッタリと密着して、どちらかと言うと「もも」が寄り添っている感じですが

後から来たのは、やはり「ゆず」なんですよ。

f0079967_17301536.jpg

このところ、7月とは思えないほど気温が低く

「ゆず」はかなりの寒がりですので

こういう状況が有り難いのです。

「もも」は、一番寒い時期(2月の中旬頃)にうちに来ましたが

体が今よりもひとまわり大きかった気がします。

冬毛を沢山纏っていたことと、

寒さを凌ぐために体中に脂肪を蓄えていたからではないでしょうか。

特に頭の天辺がプヨプヨしていました。

f0079967_17303251.jpg

あっ、やっぱり「もも」が先に動き出しました。

「もも」のこの のび~ のポーズ。

1日に何回もしていますが
なかなかバッチリと写真に収めることができません。

一番猫らしい仕草かな?って思いますね。

「もも」が動き出すと、

『あ、あたしも行かなきゃ・・・』と「ゆず」も後を追いかけます。

すっかり子分の「ゆず」。

自分では、「もも」の教育係を担当しているつもりなのかも知れません。(笑)



猫の年齢差って、あまり関係ないのでしょうか?

「ゆず」は9歳。

「もも」はもうじ3歳。

6つも離れていますが、「ゆず」の方が圧倒的に小さくて

どう見ても 子分 なのです。

写真では、あまり差を感じられませんが

抱っこすると、その差は歴然です。


それでも、好きな場所の取り合いなどでは

いつもは見せない顔で『シャー!!』って怒ったりして

「ゆず」も、負けてはいないのです。

取っ組み合いはしょっちゅうですが、本気のケンカには至らないので

お互いの存在を認めているのは確かなんですけどね。

[PR]

by maru-tonpi | 2016-07-23 18:00 | ゆ ず と も も | Comments(4)
2016年 07月 17日
それは無理でしょ?
f0079967_8545448.jpg

昨日、ホームセンターに猫ごはんを買いに行ったのですが
この時すでに、「もも」は外を走り回っていたはず・・・
そんなこと、知る由もありませんでしたね。

アメリカからの新商品のご案内 ということで
お店の方とお話しをしていたら
『よかったら、こちら どうぞ。』と、いただいてきました。

薄い段ボール製の簡単組立ハウスです。

猫ごはんを作っている会社にしては、
ずいぶん華奢で小さなハウスだなぁ・・・
うちの猫たちは入れないね なんて話していたのです。

今朝、いつものように騒々しく走り回る「もも」が
寝室に何度もやって来て、『起きれば?起きないの?』って、やたら誘ってきます。

わたしは眠くて、なかなか起きられずにいたのですが
そのうち、妙に静かになっていて 「もも」の気配が スッと消えました。
『あれ?またどこかから出ちゃったかな?』と嫌な予感がして
一気に目が覚め、二階に上がってみるとこんなことに・・・

f0079967_8555767.jpg

『ももくん それは無理でしょ?』って思わず呟きましたよ。(笑)

まさか入らないだろう と置いていたハウスに
みちみちにめり込んでいたのです。
そして、どうやら出られなくなったようで、放心状態で中にいました。
どうしていいかわからず、声も出なかったようです。

なんとも苦しそうだったので、
とりあえず一枚写真を撮らせてもらい、引っ張り上げたのですが
釣り上げられたナマズのように、ズル~ンと出てきました。

因みに、「ゆず」はまだ入っていません。
[PR]

by maru-tonpi | 2016-07-17 09:13 | も も | Comments(4)
2016年 07月 16日
また脱走しましたよ
f0079967_2261981.jpg

タイトルに関する記述は後半で。



今日は、お世話になっている方の誕生日プレゼントを買いに
町田まで行って来ました。→コチラ

サイト やや重めです。
画面が止まってしまう場合があるかも知れません。

2年前の9月にオープンしたお店のようです。
パウンドケーキを買いました。

なかなか素敵な内外装と、ゆったりとしたテラス席。
また来たいなぁ と思わせるお店です。

そこから帰ると、うちの2匹はこんなことに。(驚)
でも、写真を撮って間もなく、バラけてしまいました。
留守中の方が、2匹で仲良くやっているのかも知れませんね。



さて、ここから本題。

この後、買い物に出かけたのですが
いつもなら、『ボクも出かけま~す!』って
玄関ドアに向かってくる「もも」の姿が見えませんでした。
珍しいなぁ 寝ているのかな?なんて思いながら出かけ
買い物を終えて家に戻ってきました。

帰ったら帰ったで、玄関ドアの裏側に張り付いて
「もも」が飛び出そうとするのを阻止しなくてはなりません。
しかし、ドアを開けてみても そこに「もも」の姿はなく
「ゆず」だけが出迎えていました。

あれ?どこにいるんだろう・・・?と家中見ましたがどこにもいません。
「ゆず」は、なんだか複雑な表情でした。

何か知っているのかな?

ふと浴室に行ってみると、窓が半分開いていて
そこには網戸がありませんでした。
網戸のない方を開けてしまっていたわけですね。

あちゃ・・・しまった・・・ わたしたちが買い物に行く時には
「もも」はおでかけしていた ということになります。

探すには、辺りはすでに薄暗かったですが
2人でとりあえず捜索を開始しました。

「もも」は、ももママが大好きですので
声を聞けば、そのうち心細くなって帰ってくるだろう
という思いはありましたがそれでも心配は心配でした。

意外とクルマが飛ばしていく道なので
早く見つけなくては・・・と辺りを探しました。

すると、程なく 隣のコインパーキングの奥から
情けない声を出しながら、とぼとぼとこちらに向かって
一直線に歩いてくる見慣れた黒白猫の姿が。

「もも」です。

ももママが『もも~』って呼び続けた声を聞きつけて
甘えた声で応えてきました。
すぐに足下までやって来て、抱っこされて家に帰り
とりあえず、ドロドロでしたので洗ってもらいました。

その後、いつかと同様に激しく吐き
草やら毛玉なんかを一気に出したら
どうやらスッキリしたようで、
もりもりごはんを食べて、今はケージの上でおとなしくしています。

ちゃんと帰って来てくれて、良かったです。
[PR]

by maru-tonpi | 2016-07-16 22:44 | ゆ ず と も も | Comments(4)
2016年 07月 07日
ゆず来た記念日です
f0079967_2040402.jpg

予約投稿にて、記事を書いています。
七夕となると、「ゆず」のことを書かなくてはいけませんね。

2007年7月7日。
「ゆず」が初めて我が家にやって来た日です。
そして、今日までずっと一緒にいます。

もう、9年になりますね。

当時、1歳半を過ぎた「まる」がお世話になっていた動物病院で
里親募集の張り紙を目にし、
「まる」と顔合わせさせました。
互いにクンクンと鼻を付けあって
とてもいい感じでした。

これなら、「まる」と上手くやっていけるかな?
ということで、譲り受けた猫なのです。

この時の「ゆず」は、生後4ヶ月半くらいでしたね。

f0079967_20411246.jpg

いざ、うちに連れ帰ってみると
今までに見たことのない、「まる」の激怒ぶりでした。

『なんで、この猫 うちにいるの?』

それからしばらくの間は大変でしたが
なんとか二匹は、というか「まる」は乗り越えました。

「ゆず」は、初めて出会った時から
「まる」のことが 大 大 大好きになっていましたからね。

そんな「まる」も、もういなくなってしまいましたが
時々気配を見せては、いろいろ申し送りをしているようです。

今は、「もも」との関係で
「ゆず」が頭を悩ます番になりましたが
こちらもなんとか丸く収まりつつあります。

ケンカは日常茶飯事。

二匹とも、ずっと元気でいてほしいです。
[PR]

by maru-tonpi | 2016-07-07 07:07 | ゆ ず | Comments(6)
2016年 07月 02日
仰向けはまる譲り?
f0079967_10482125.jpg最近の、「もも」の雑魚寝場所です。

思い切り仰向けの、へそ天で寝ています。

「まる」もこんな風にゴロゴロしていました。

「もも」は、「まる」とは面識ないはずですが
先日、凍り付いたようにケージの上を凝視し
背中の毛を逆立てていましたので
おそらく出会っているものと思われます。


しんごのママさん。
この写真を撮って、見ていただきたくて
それでもなかなか撮れなくて、
お返事ができませんでした。

ようやく、今朝 撮れましたよ。

百聞は一見にしかず。
こういうことなのでしょうね。(笑)




朝は、「ゆず」を追い回し
バタバタと落ち着きませんでしたが
ようやく静かになりました。

今日も暑くなりそうですね。

30℃ 越えるかな・・・?
[PR]

by maru-tonpi | 2016-07-02 10:57 | も も | Comments(4)
2016年 07月 02日
それはゆずのですよ
f0079967_10583528.jpg「ゆず」も「もも」も
カルカンのラミネートタイプのサカナを
とても気に入っていて
美味しそうに食べています。

カルカンパウチですね。

開けた時の匂いも美味しそうです。

写真は、「ゆず」の分をムシャムシャと
ブルドーザー食いしている「もも」と
その様子をタワーの上から見ている「ゆず」です。

以前、「もも」は自分のサカナを食べたら
必ずその場を一旦去り
また戻ってきた時に「ゆず」のがあったら
いただいちゃっていましたが
カルカンについては連続でかっさらってしまいます。
よほど美味しいのでしょうね。

取られちゃった「ゆず」ですが、
意外にも食べ物への執着は薄く
ケンカにもなりません。

「まる」がいた時もそうでしたね。
「まる」は、食べている「ゆず」を
丸くて大きい頭でグイグイ押しのけて
一心不乱で食べていましたっけ。
[PR]

by maru-tonpi | 2016-07-02 10:50 | ゆ ず と も も | Comments(4)