<   2016年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2016年 11月 27日
胡麻あん的もも寝姿
f0079967_19211979.jpg
屋根裏から下ろした大型クッションで
「もも」が寝ています。

説明がないと、猫には見えませんね。

リビングの、猫の寝床 増殖中。

部屋のあちこちに、猫キャンプ 猫ベッド ゆず祠(ほこら)などが
設置されていて、それ以外のスペースが人間の居場所になっています。


f0079967_20435318.jpg
今日は寒さも和らぎ、過ごしやすい一日でした。

我が家のPOLOは、車検に出されていまして

現在、駐車場にはプリウスが停まっています。

なぜか、TOYOTA。

ハイブリッド車は初めて運転しましたが、かなりの乗り心地です。
ただ、静かすぎて 走っている感 ゼロですね。

環境には良いのでしょうけど
個人的にはガリガリ音がするクルマが好きです。

幅も長さも、POLOよりあるので
駐車場に納めるのがひと苦労ですよ。

左右の誤差、2、3cmくらいで入れなくてはいけません。

[PR]

by maru-tonpi | 2016-11-27 19:31 | も も | Comments(4)
2016年 11月 26日
暖房だけでは無理?

f0079967_19460057.jpg
先日は朝から雪が降り、
うっすら積もったところもありましたね。
道路には殆ど積もらなかったでの
朝夕の送迎業務に支障が出なくて良かったです。


うちの寒がりの「ゆず」ですが
今日、ゆずママに服を買ってもらいました。

わんこ用なので、若干サイズが合いません。
でも、今までで一番しっくりきていますね。

帰ってから早速着てもらいましたが
微妙な表情の「ゆず」。
行儀よく座ったままフリーズし
左右に小さく揺れていました。

正面からの写真がボケてしまったので
また撮れたらアップします。

どうも、着せたままだと
「ゆず」は変な緊張感に包まれてしまうので
今は脱がせています。

また、極寒の日に着せたいと思います。



f0079967_21562561.jpg
やはり、前向きも載せることにしました。

このサイズなら
ボケていることがわかりにくいですね。

上と同サイズだと、ブレブレなのです。

この写真を撮った時も
ゆらゆらフリーズでした。

あっ、だからボケたのかな・・・?

[PR]

by maru-tonpi | 2016-11-26 20:09 | ゆ ず | Comments(4)
2016年 11月 26日
左フックがサクレツ
f0079967_11071585.jpg
テーブルの下でドタバタしていたので
とっさにカメラを向けて撮ったら
決定的な瞬間が写りました。

いじめているわけではありません。

戯れついていた「もも」の手が
たまたま「ゆず」の頭を直撃した・・・
そんな図になりました。(笑)

「もも」は激しく動いていたので、
残像が出ています。

ちょいちょいこんな風にもめて
(戯れついて)いる二匹ですが
「もも」は、自分を小さな仔猫だと
思っているようです。


実際は、
「ゆず」の倍近くあるんですけどね。

[PR]

by maru-tonpi | 2016-11-26 11:26 | ゆ ず と も も | Comments(4)
2016年 11月 22日
他にいなかったの?
f0079967_21460144.jpg
日本は    世界は


地球は    宇宙は


いったい、どうなっていくのでしょう。


大統領が決まって

こんなに不安な気分になったこと

今まであったでしょうか。


※画像はネットから拝借し
ポスタリゼーションと、赤 黄の
透明度30%程度のフィルターをのせています。
久々に画像をいじって遊んでみました。
やはり、パソコンは面白いですね。
イラストレーターも
ずっと使っていなかったので
やり方を4割ほど忘れていましたが
だんだんと思い出しました。

[PR]

by maru-tonpi | 2016-11-22 05:40 | 懲りない面々 | Comments(4)
2016年 11月 19日
ゆずももだんごです

先日撮った、ゆずももだんごをアップします。

ホットドッグっぽいですけどね。(笑)

いつものように、「もも」がいるところに「ゆず」がやって来て

一悶着の末、落ち着いた感じです。

「もも」のシッポと、「ゆず」の左腕がはみ出しています。



この状態で、約30分くらい一緒に寝ていました。

お互いの鼻息がかかって、鬱陶しい気もしますが

穏やかな時間でした。

「ゆず」のブゴブゴがけっこううるさいんですよ。

「もも」は、よく我慢してくれたと思います。



やはり、寒いと 猫同士くっついて寝るのですね。

実は、この オリーブグリーンのベッドらしきもの

ベッドではなく中がフカフカの、三角屋根のハウスです。

「まる」がうちに来て、二回目の冬に 暖かく過ごせるようにと 買ったもの。

ジッパーで繋いで組み立てるタイプです。

組み立てた瞬間、「まる」が入ってましたね。すごく気に入っていました。

今はこの二匹のベッドになりました。

使い方としては、右が正解です。
f0079967_10455286.jpgf0079967_10575313.jpg

[PR]

by maru-tonpi | 2016-11-19 11:02 | ゆ ず と も も | Comments(4)
2016年 11月 17日
11歳になりました

f0079967_20423652.jpgと言っても、3年前に他界してしまい

「まる」はもういませんので

8歳の「まる」が心に焼き付いてしまって

想像するのは難しいですね。



きっと、見た目はそんなに変わらないのでしょうけど・・・。

のんびりな性格に拍車がかかった感じですかね。(笑)

でも、怒ったら 「まる」は もの凄く恐いんですよ。



11歳の「まる」。お祝いをしたかったです。



今、この時間 「ゆず」と「もも」は奇跡の猫だんご中。

その模様は、写真に撮りましたので
後日またアップしたいと思います。



なかなか平日にブログをアップできませんので
12日の土曜の晩に、予約投稿で記事を書きました。

[PR]

by maru-tonpi | 2016-11-17 11:17 | ま る | Comments(2)
2016年 11月 13日
たたいて描いた文字
f0079967_15251423.jpg
スイコネさんより、
看板製作の依頼がありました。
東京の不動産屋さんですね。

写真は
ステンシルシートに原寸のロゴを写し取り
カットが済んだ状態のものです。



この、カット作業が一番気を遣うところでもあり
仕事のほぼ全て
といっても良いかも知れません。
『ジ』の◯とか、けっこう大変です。直径6mm。

今回は、板がザラザラな上に
細い線が多いため
ステンシルという手法で
描かせていただきました。

筆だと、どうしてもわずかな凹凸に筆先が取られて
ガタついてしまいますからね。




↓そして、こちらが完成品です。
型さえ出来てしまえば、
あとは、絵の具を叩いて入れるだけです。

色を変えて、2枚描きました。
下の方が、グレーが薄く、黄色が濃いです。
板の色が濃いので
視認性という点では、上の方がメリハリがありますね。

『城』『南』『動』『産』など、画数の多い複雑な文字は
型を作る際、そのまま切ってしまうとバラバラになりますので
つなぎを作っておき、
色を入れて型を外した後で、塗り足すという作業があります。

つなぎは極力少ない方が、塗り足す部分も減るので
最小限にするようにします。

描く というより、叩く仕事になりました。
筆を使ったのは、つなぎ部分の塗り足しだけですね。

きれいに仕上がって良かったです。




f0079967_15325153.jpg

[PR]

by maru-tonpi | 2016-11-13 15:59 | 描きもの | Comments(4)
2016年 11月 08日
どこでなにしてる?
f0079967_17174378.jpg
「まる」がいなくなって、今日で3年になりますね。

早いものです。

あの晩が昨日のことのようです。

いないことには慣れましたが
なぜ、いないのか・・・? この違和感は拭いきれません。

仕方ありませんね。

その存在は圧倒的で、「まる」が中心の我が家でしたから。

一時も忘れたことはありません。

この先も忘れられません。

今、どこでなにしているのでしょう?


以前にアップした、いろんな「まる」です。

それぞれに表情は違い、それでも 全部「まる」です。

個人的には、右上の屋根裏から様子を伺っている「まる」が気に入っています。

新しい写真を撮れないのが残念ですね。

今は、「ゆず」と「もも」に
いろんな意味で助けてもらっています。
二匹とも、いい子でいてくれていますよ。

そして、時々感じる「まる」の気配。
来たのかな? という時はなんとなくわかるんですよ。
「ゆず」もそわそわしています。

先日は、イスに座っていたら
ふくらはぎにシッポがファサッと当たりました。
「ゆず」か「もも」かな?と思って下を見たら誰もいず
二匹は遠くのケージの上にいました。

『まる、来てくれてありがとう。』
そんな気分にさせてくれます。

どちらも有り難い存在です。

[PR]

by maru-tonpi | 2016-11-08 00:30 | ま る | Comments(4)
2016年 11月 06日
絵画的黒白猫の肖像
f0079967_11355400.jpg「もも」を描いてみました。
F0パネル(ハガキより少し大きいサイズです)
ジェッソ下地 アクリル絵の具。
ジェッソは厚めに荒く盛って
絵の具がかすれるようにしています。

実際の毛色に倣って茶色も混ぜています。

目には、セピアとゴールドディープとブラック。
ハイライトにはホワイトを入れました。

ヒゲは、黒いところで白く
白いところで影のように見せたかったので
ややグレーがかったホワイトにしました。

保護した直後は、イカツい印象が強かったですが
日を追うごとに穏やかな表情になってきました。
家猫の顔ですね。

猫は、口角が上がっていて
笑っているように見えますよね。

[PR]

by maru-tonpi | 2016-11-06 11:55 | も も | Comments(4)
2016年 11月 05日
ゾンビだらけの世界
f0079967_19332272.jpg






















この画像の クルマの中に、生存者はほぼゼロ。
奥のビル街にも生存者はほぼゼロ。

今、ハマっている海外ドラマです。

ウォーキングデッド(生ける屍)というタイトルです。
括るとしたら、ゾンビもの ということになりますが
単なるホラーではなく、人間がより強く描かれています。

何らかの理由で蔓延したゾンビだらけの世界で、
どうやって生き延びていくか・・・

全ての流通、産業は途絶え
限りある物資と食料。他に生存者はいるのか・・・



主人公 保安官のリック・グライムズが
犯人追跡中に銃弾を受け入院。昏睡状態のリック。
朦朧とした意識の中で、何度か同僚のシェーンが見舞いに来ます。
声も遠くに聞こえ、それがリアルなものなのかもわかりません。

どのくらいの時が流れたのか・・・
目覚めた時、シェーンが持ってきた見舞いの花は、
ドライフラワーと化していました。

そこから、物語りは展開していきます。


現在、シーズン7がスタートしていますが
内容はかなりヴァイオレンスですので
過激な描写が苦手な方は観ない方が良いかも知れません。




[PR]

by maru-tonpi | 2016-11-05 08:43 | The Walking Dead | Comments(2)