2017年 09月 03日
加減が勝負の手作業
f0079967_07355608.jpg

スイッチコネクションさんが施工中の
隣町の容室の壁です。
写真はお借りしました。


初日に 汚れたり 欠けたりした部分に
白でざっくりと下塗りし
先週の土曜に
更に2~3トーン アンダーなグレーを
ランダムにのせました。


そして 昨日は この上に
このグレーに元の白を混ぜたものを
海綿で戻しながらムラにする
というのを一日やってきました。
戻し過ぎると ただの白に逆戻り。
加減が難しいところです。


手の平に収まる海綿での手作業ですので
思っている以上に時間がかかります。
もう半分残っています。
でも、これは手作業でないと出ない
なんとも複雑な仕上げです。
今日も頑張ります。

仕上がりの写真は
またアップしたいと思います。

来週は非常扉の錆び風塗装をします。

掃除中の 現場監督 健さん。

わたしの 30コ年下です。

[PR]

by maru-tonpi | 2017-09-03 07:58 | 描きもの | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://marutonpi.exblog.jp/tb/28116822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chigusano at 2017-09-03 23:28
手仕事ならこその仕上がり
いくら電子知能のロボットでも
この加減だけはまねできません。
コツコツと仕上げていく手仕事の極みは
えも言われない味となりますね~♪
Commented by maru-tonpi at 2017-09-04 05:37
chigusanoさんへ
ありがとうございます。
普通なら クロスを貼って終了 なんてところですが
この面積を手で仕上げられたのは達成感ありました。


<< 巨大な絵のような壁      ネコと扇風機と猫草 >>