2006年 09月 21日
ご近所さん
今日、外から帰ると
一匹の三毛猫が、通りから
家の方を見ていました。
その見ている方向には、
1Fの小窓から外を見ている「まる」が。
どうやら二人でお話をしていたようです。
ミ「君どこから来たの? 名前は?」
マ「よくわからないんだ。でも、まるって呼ばれてる。」
ミ「何で家の中にいるの? 一緒に遊ぼうよ。」
マ「危ないから外に出ちゃだめって言われてるんだ。」
ミ「外は楽しいよ。いっぱい走り回れるし。」
マ「出たいけど、やっぱりコワいなぁ。」
ミ「あっ、あの人たちが君の飼い主? また遊びに来るね。」
マ「あっ、うん。じゃあね。バイバイ・・・」
みたいなことでしょうか?
真相はわかりませんが
「まる」に友達が出来たのはよかったです。
f0079967_237870.jpg

[PR]

by maru-tonpi | 2006-09-21 23:08 | ま る | Comments(4)
Commented by emerald55caratID at 2006-09-22 02:24
猫語が分かったら楽しいでしょうね~^^
(反面、分からなくて良かったって時もよくありますが)
勝手にアテレコみたいにして遊んでると、飼い猫は抗議しに来ます。
「そんなこと言ってないわよ!」みたいな感じです^^
Commented by nisi-sinjuku at 2006-09-22 08:01
確かに猫語が分かれば楽しいかも。
でも、うちの猫はきっと愚痴ばっかりいってることでしょう。'`,、('∀`) '`,、
でも、こないだ江原さんがいってましたが、猫ってこっちの言葉は分かってるみたいですよ。
うかつなことを言うと、大変だ!(;・∀・)
Commented by バビー at 2006-09-22 10:31 x
まるくんお友達が出来て良かったですね!
猫語操ってみたいです。確かに猫って人間の言葉理解できるのかも。「ごはん」と「おやつ」っていう言葉は完全に理解してます。
Commented by maru-tonpi at 2006-09-22 20:09
猫語。
魔女の宅急便のジジみたいに喋ったらかわいいでしょうね。
楽しいとき、いやなとき、さびしいとき、おなかすいたとき
すべて鳴き方が違いますね。
ただ、うしろのふたつはほとんど一緒に聞こえます。
あと、飛んでる鳥に向かって何か話しかけるみたいに鳴いたりします。
怒ってるときやイラついているときは、あまり声を出さずに
口をモゴモゴさせてアピールしていますね。
このすべてに言葉をあてはめたら、
猫の感情の起伏は幅広いと思います。
カラスは30種類もの言語で仲間と会話しているらしいので、
猫もきっと言葉を使っているはずです。


<< 頭に乗らないで !      いつもいっしょ >>